新着Pick
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大阪でも特に難波の道頓堀界隈は旅行客で凄いことになっている。ミナミ•難波は京都や梅田にくらべ、場末感(私はそれが好きで庭にしている)があって、誰もが外国人観光客なんかこないとは 思っていたが、逆にそれが外国人旅行客にはいいみたい。いわゆるインスタ映え。
また、道も碁盤の目になっており、しかも地下街が発達していないから、GPSでお目当の店にも簡単に行ける。チープな飲食店が多いとか、そんなことも要因かと。

開発が遅れたことが逆に強みになったケース。いつまで続くかわからないが。
タイ国際航空がお得意様だったので、タイへ観光客を招聘するデスティネーション広告をずい分長い間制作していました。タイで撮影をするたびに感じたのは、バンコクはお金がない人からお金持ちまで楽しめる要素が散らばっている都市ということ。バックパッカーの旅も楽しいし、一泊30万払ってゆったりできるホテルも多多ある。一食100円のビニールに入ったパッタイ(タイ風焼きそば)から10000円の宮廷タイ料理やイタリアンまで、どのレベルを試しても美味しい。カオスと洗練が一緒くたに存在しているのが魅力ではないでしょうか。

また最近ますます面白くなってきています。海外で学習したり働いたことのある3−40代のタイ人が素敵なカフェやレストランを次々オープン。この辺りも魅力なのでは。書き出すと止まらないのでこの辺にしておきます(笑)。
ちょうど先日、出張の際にいわゆる「ウラなんば」に食事に行ったところ、まさにスマホを片手に店を探す外国人観光客ばかりに遭遇。
あのあたりはかなり狭い道に飲食店があり、日本人でも知らないと迷うようなところ。
世耕さんのいわれるチープなお店に私も行ったのですが、耳に入ってくるのは英語と中国語ばかり。
ネットを駆使して情報が探せる今、「ローカルしか知らない」場所はなくなりつつあり、むしろ目的意識の強い外国人観光客のほうが情報を持っています。
ウラなんばのようにそういう情報の「探し甲斐」があるスポットがある観光地はまだまだ伸びる余地があるのではないでしょうか。
大阪は24%増との事。大阪は文化的な面白さもありますし、京都にもすぐ出られる立地の良さも強みですよね。人数増はもちろん、消費額増に繋がるコンテンツも増やしていきたいですね。
東京はまだバンコクの半分強ですね。

バンコクの強さは何なのでしょう?
桁外れの高級ホテルの存在が大きいのでしょうか?
世界で伸び率トップが大阪というのは驚き。確かに、観光客の数は格段に増えてはいる。
「外国同然♪」ですからね。
宇多田ヒカルが昔、FM802で、
「NYっぽいよね」
って言ってました。
どこがやねん
バンコクには留学の時に友達になったタイ人がたくさんいるし、チャーン島でも友人がホテルを経営しています。にもかかわらず、行ったことがありません。

よし、来年行こう!
ここクアラルンプールと東京はほぼ同じぐらいの旅行客数。大阪も同じぐらいになっても不思議でないと思う。クアラルンプールの規模感はどっちかというと大阪に近い。イスラム系の人も楽しめる配慮がもう少し必要かも。

業績

新着記事一覧
【社会人野球】都市対抗で実現の“兄弟対決” 日本通運の弟が適時打も「勝たないと意味がない」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

インテル、ジルー獲得の可能性が浮上。今冬の移籍市場での獲得目指す?
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

ロッテ藤原から溢れる笑顔 秋季練習“接近”動画にファンうっとり「かわいいな」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

原巨人「完敗、完敗、完敗」不完全燃焼感だけの日本シリーズ監督・原辰徳に残された“最後の宿題”
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

巨人・吉川大幾に戦力外通告 今季30試合出場、フェニックス・リーグ参戦中も
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

楽天ドラ1ルーキー小深田、2.2倍増の3300万円でサイン 「いい評価を頂きました」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

中村憲剛がマラドーナ氏を追悼。SNSで「サッカーにのめり込むきっかけを作ってくれた」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

【追悼マラドーナ】英雄たる理由を証明した90年イタリアW杯決勝。政治的重圧にも屈せず、圧倒的敵地で示した存在感
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

ソフトバンクが加治屋蓮、松田遼馬、西田哲朗に戦力外通告 加治屋は2018年に72試合登板、松田遼と西田はともにトレード加入
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

憎きマラドーナを、本当は大好きだった “不仲のち親友”ペレ&宿敵ブラジルが嘆く天才の早すぎる死
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks