新着Pick
894Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
電気自動車をやる際に「電池」を手掛けるのかどうか、というのは電気自動車ビジネスにとっての電池の位置付けをどのように捉えるかという観点から重要であるように思います。それは電池とエンジンの違いをどう捉えるかということとも深く関係していて、またこのビジネスの目先とそれより先のコンペティティブエッジをどう見るかということにも関わるように思います。
ダイソンは自社で作る方を選択したとのこと、彼らは家電でも独自のマーケティングポイントを作ってきた会社なので、そのアプローチからの「電池」なのかもしれません。電池なので音ではないとして、すると…
掃除機は「静かであるべき」という概念を捨てさせ
「煩くてパワフル」という概念を受け入れさせた。
(特に日本人に対して)

そのあたりのマインドシフトも期待して
ダイソン社のディスラプティブな
「モバイル」を楽しみにしています。

ダイソンの車が増えると、(単純ですが)
道路が自然と綺麗になりそう。
上村さんやSaitou先生がコメントされているように、Sakti3という全固体電池企業を買収している。下記PickでのNakanoさんのコメントが参考になるが、伊藤忠も出資していた先(完全子会社化とあるので、その際に伊藤忠やGMなどの持ち分も取得した?)。
https://newspicks.com/news/1458880

一方で、本記事にAppleについて触れられているが、AppleやGoogleも結局自動車自体はどちらかというと手を引くモードという印象。経済性を伴った量産はそんなに簡単ではないと思う。
Dysonについては、掃除機であればブランド力が高いとは思うが、自動車になったらそのブランドはどう認知されるのだろう?Teslaを見ても、まずはニッチハイエンドから入っていくことが経済性という観点では重要。
その際のブランディングにポジなのかネガなのか…
めちゃくちゃ楽しみだし既存の自動車メーカーはイノベーションのジレンマに陥ってほとんど生き残れないのではないか?
ダイソンが2020年までにEVを投入すべく準備しているという報道です。

同社のことですからハードの面で他社と差異を図ると思います。航続距離か、駆動・制御あたりでしょうか。

EVシフトがここにきて中国、欧州などで加速していますが、これに呼応して自動車産業に新規参入する企業が増えてくると思われます。自動車業界もどこか見覚えのある景色になるのでしょうか。

田井さん、平山さんのリンク以外ではこちらも。(日本経済新聞2016年10月)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO08740170U6A021C1FFB000/
「バッテリーが衰えないただ1つの電気自動車」などとマーケティングしてくるのでしょうか。

私の頭の中では、ダイソンの掃除機と扇風機とドライヤーが融合したようなデザインとCMが渦巻いています。

家電向けの全固体電池はLGなどもやっていますが、車載用で生産設備まで持っているのはトヨタだけではないでしょうか。原理的にはサイクル寿命が弱点なので。
ダイソン傘下のSakti3(固体電解質電池)はうちの学科の元教授の作ったカイシャですよ

追記
ダイソンさんはボート造りの経験はおありのようですし、空力機械の設計はPCよりは自動車に近いので、パートナー次第では行けるかもですねぇ あと、Sakti3の社長さん(元同僚です)、かなりデキル方なのでアナドレマセン ミシガン周辺人脈も含め
3000億なら、本気なのだと思うが、
これで全てを賄える金額ではない。

モーターの制御は電圧が変わると
やり方も変わるので、思った程簡単
ではないが、買ってくる事は簡単に
出来る。

誰と組んで、何を強みにするか?
が焦点になると思う。
電気自動車を開発か、という報道があってから1年半ほどしかたちませんが、すでに2020年までに「発売」まで持っていくそのスピード感に驚きます。

「掃除機のダイソン、電気自動車を開発か 英紙報道」(Forbes Japan、2016年3月30日付)
https://newspicks.com/news/1472626
うーん、どうなのでしょう?

ダイソンの送風機と掃除機は優れものだと思います。

ずいぶん高価なダイソン製の照明器具をヨドバシで見て、
「これって特別な性能があるのですか?」
と店員さんに尋ねたら、ブランドイメージだけだとの回答。

選択と集中がダイソンの強みだと思うのですが・・・。
ダイソン (Dyson Limited) は、イギリスに本拠を構える電気機器メーカーである。サイクロン式掃除機を初めて開発・製造した会社として知られる。イギリス・ウィルトシャーのコッツウォルズにある小都市マルムズベリー (Malmesbury) で創業し、本社・研究所などをマルムズベリーに置く。 ウィキペディア