新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Bリーグ開幕に合わせて、News Picksにロングインタビューをして頂きました。僕がNPのプロピッカーを引き受けた理由は、ビジネスサイドの皆さんに向けてバスケの魅力を伝えることが出来れば、よりバスケ界が盛り上がると思ったからです。

本当にバスケ界を発展させたいと思うのであれば、バスケ界の外に、スポーツ界の外に出ていかなければならないと感じています。

例えば、VALUやタイムバンク、その他にも新しいサービスがリリースされたら基本的には自分で触って感じて、何かしらのヒントを得ようと努力しています。また、「コミュニティへのご挨拶」の意味合いもあります。それが自分に出来ることの一つだと思っているからです。

常にアンテナを張り、キャッチする努力を続けていれば、いつかは自分がそういったサービスを作れるようになるかもしれません。それは無理でも、最低でも嗅覚はつくかもしれません。もしかしたら、それを作ることが出来る優秀な人と繋がることが出来るかもしれません。

そんな不確実な「かもしれない」を追い続けるのが楽しみでもあります。大好きなバスケをピボットフット(=軸足)にしながら、色んな楽しみを見つけていく人生でありたいです!
アスリートの文武両道か、一意専心かと議論になりますが、大事なのは「多様な視点を持つこと」。京都ハンナリーズの岡田選手に話を聞いて、改めてそう感じました。こういう考えを持ったアスリートと出会ったのは初めて。マルチキャリアだからこその強みを感じました。
岡田さんの話を聞いたのは、6-7年前に会計士をやっている同級生から。その後運営をサポートしたトップアスリートの勉強会で初めてお話する機会がありましたが、こんなに多動力(エネルギーx多面性への好奇心)の溢れたアスリートは貴重だなと感心しました。

その後の選手会立ち上げやDIME(3x3)の活動を精力的にやっていたり、そして何よりも昨シーズンのリーグ戦でのクラッチシュートを観てすごく感動しました。折茂選手や川村選手のように一線級で引き続き活躍し続けて欲しいです。今シーズンも期待しています!
プロ選手やって無い分、ビジネス面で岡田選手に負けないように頑張ります。
今のところ完全に負けてますが・・・笑。
岡田氏のコメントの中にある
「本当にバスケ界を発展させたいと思うのであれば、バスケ界の外に、スポーツ界の外に出ていかなければならないと感じています。」
に、深く共感。

古くから続くスタイルと外から得た何かを融合して、新しいスポーツの形を築いていきたいと考えています。
負けず嫌いがこれだけ大きな力になる。昨日の星野さんの記事にもリンクしました。
【【星野佳路】僕の人生は、同級生に「馬鹿にされて」変わった】
https://newspicks.com/news/2508162

若い頃から自分の好きなこと、得意なことに熱心に取り組みながら、一方で危機感を持っている冷静な視点が凄いなぁと思いました。

マルチキャリア。ビジネスマンでも今は色んな顔を持っている方が少なくないと思います。ひとつでも大変なのに2つ3つとなかなか簡単なことではないよなと思います。
ただ家庭との両立もそれに近いのかなとも感じました。仕事同様に色んな経験が出来ますし、使う頭も体力も違います。仕事同様に自分を成長させてくれる、視野を広げてくれる存在なのだと感じています。
とても共感するインタビュー!個人的には「お金×実務」の掛け算は、キャリアとしても社会的意義としても、とても高いと思っている。

世の中、お金が全てではないが、一方で生きるためにはお金が必要で、仕事をする。仕事をしているときに、給与については気にしても、その給与がどういうビジネスモデルや会計処理を経て、自分の手元に入ってくるかというところまで意識する人は少ないと思う。逆に、意識しないでちゃんと給与が得られるようになっているのが、業としてちゃんと成立して、ある程度の人を汎用的に巻き込めている状況ともいえる。
でも、「ちゃんと稼げる」ようにするためには、工夫が必要。選手とプロモーション、どちらに先に投資をした方が長期的に持続するのか、テレビや広告契約で不利なことをしていないか、どういう支払い・受け取りタイミングだったら上手く事業が回るか。
そこで実務自体に知見が深い人がお金についての知見もあれば、実務として何が許容出来て許容出来ないかの肌感覚もあるし、一番魅力も知っていると思う。全員がお金について知る必要があるとは思わないが、それをできる人がいると、一気にうまく回るようになる、だまされないで済むものもあると思う。
アスリートの影響力を自覚した上で、それを全体最適のために使おうとする姿勢が素晴らしいと思いました。
応援したいです。
プロバスケ選手兼会計士(+起業家)、自分の専門領域を連続で作った、いわゆるキャリアの掛け算というやつですね。多分この方はそれぞれを本気で達成して、うまく両立できていると思うのだけれど、物凄い努力されているのだろう・・。応援したいですね!
あの人が遂にマスクを脱いだのですね…