新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
GoogleがHTCのスマートフォン開発の一部を買収することの解説。ここでは明確に2つの理由としている。

以前の私のコメントは → http://bit.ly/2fnKzje

まずは、HTCの救済。もう1つがPixelへの注力。

Android端末は言うまでもなくAndroid OSであり、Googleがデザインから機能まですべての決定権を持っている。しかし、実際には各端末メーカーが差別化のために、さまざまなカスタマイズを施し、それによりAndroid本来の機能が損なわれることもある。シェルと呼ばれるホーム画面でさえ変更される。Windows搭載パソコンを買うと、さまざまなアプリがインストールされており、それを含めてパソコンの体験が提供されているのと同じく、スマホも各社がハードウェアだけではなく、搭載ソフトウェアでも差別化を図る。これがGoogleが考えるベストなスマホ体験とは戦略的に異なることがあるのだ。

Pixelはそれを打開するために開発された。PixelはGoogleが考えるベストなスマホ体験を実現するためのハイエンド機種であり、フラグシップモデルだ。これでAppleに対抗し、さらにはAndroid陣営では盟友でもあるSamsungと対抗するのだ。このPixelの供給元としてのHTCを失うことはリスクが大きかったので、今回はあえてその開発陣を自社に取り込んだということだ。

MicrosoftもSurfaceを自社から開発するなど、一時のパソコン的な事業展開、すなわち水平分業からの揺り戻しが今は来ている。ユーザー体験を最善のものとするには、ハードウェアとソフトウェアの一体化が再び始まり、その上でのアプリケーションの提供にも制約をかけるようになる。AppleがiOSの上でのアプリ開発に制約をかける(一時は日本語入力などのIMEと呼ばれるものが作れなかったり、未だに真のブラウザは開発できない)のもそのためだろう。GoogleがChromebookやAndroid端末を自社開発するのも同じ理由だ。

記事が書く、HTCのスマホ部門の今後についても同意する。Pixel開発者たちはおそらくは社内でも優秀な人間たちだろうと思う。彼らが離れた後に、スマホ事業を継続していくのは難しいだろうし、経営状況を考えると、VRなど他事業にシフト行くのが懸命だろう。
Googleの提供するandroidをOSとする端末は、グローバルでは廉価モデルでは存在感を示し、結果的にApple iPhoneのiOS端末を大きく上回るシェアを持っている(androidの70%強に対してiOSは20%弱)。これはiPhone王国である日本では意外に思う人もいるだろう(ちなみに日本ではiOSが70%弱)。

androidの課題はグローバルではAppleがiPhoneで押さえる高価格端末市場(=高所得者市場)を押さえることだ。HTCはpixelでこのマーケットを狙っており、今回の買収は、ここでハードウエア、ソフトウエア、AIを垂直統合することによって、Googleとして一貫したユーザーエクスペリエンスを提供することで、高所得者層におけるandroidシェアを高めることを企図しているのではないかとの見立ては的を射てると思う。

余談だが、私がソフトバンクのiPhone事業責任者だった7年前、孫社長が実はiPhone以外にも熱を入れていた端末メーカーがあり、それがHTCだった。日本メーカーを含め、他のメーカーとの取引をやめて、AppleとHTCに集中すると言いだした。HTCが端末の感性品質、UXともに他を抜きん出ているというのがその理由だったが、その時はちょっとした騒ぎだった(のちの経緯で分かるとおり、それは実現しなかったが)。今回の買収は、スマートフォン草創期のそんな個人的なエピソードを思いおこさせてくれた(笑)。

追記:なぜ日本ではここまでiPhoneが普及するに至ったか、というコメントがあったので、元担当として私個人の仮説をご提示します。一つは導入期のソフトバンクの価格戦略(料金含む)にあります。キャリアを横断してみても、iPhoneはスマホで最も安い端末でした。私の時代、ソフトバンクは唯一のiPhone取扱キャリアでしたが、iPhone4時点で既にソフトバンクの販売台数(ガラケー含む)の6割を超えてました。そして、二点目はAppleの垂直統合によるUXです。UXというのはユーザーをロックインする要素として極めて重要(ユーザーにとってのスイッチングコストが高くなるため)で、日本のスマホ市場草創期にアーリーマジョリティまでを安さもフックに一気に制することが出来たことで、みんなiPhoneという事態を作り出したと考えます。
Netflixがビッグデータをドラマ制作に活用したように、Googleのもつビッグデータが端末開発に活かされたら、どんな端末が生まれてくるのか。久しぶりにワクワクする話題です。
それはさておき、Pixelはいつになったら日本で発売されるのでしょう?

首が長くなりすぎて…忘れてしまいそうです。
この買収は両社にとってプラス。iPhone Xの発表が後押ししたのは間違いない。これから来るべきARグラス時代に向けて、ソフトだけでなくハードとの緊密な連携は必須。HTCにとっては未来があるVRによりフォーカスできる。
下記記事で先週話題になったグーグルのHTCスマートフォン部門買収に関する記事。
【Google、HTCから11億ドルでPixel開発チームを買収、自前でデバイス開発へ。HTCのビジネスは従来どおり】
https://newspicks.com/news/2507791

現状このままであればHTCがスマートフォン事業から撤退することが予想されていたのですね。グーグルがPixel開発チームを高く評価している表れでもあり、かつ今後もより注力していくということなのですね。AR/VRの進化が期待されますね。
HTCはVRの比重を高め、将来的にはARも含めて、Googleと提携していく方向になると思います。
スマートフォンは規模縮小を避けられませんが、VRとの連動を図るには高いスペックが求められる。ラインナップを整理し、ハイエンド機に集中するのではないだろうか。

次期Pixelでは恐らく、他社に対抗する姿勢がより鮮明になる。GoogleのDaydream ViewもGear VRとの差別化に向けて動けば面白い事になりそう。
モトローラのときは結局、特許だけを手元に残して、製品部門は売却した形になったんですよね。
HTC救済が第一にしても、Googleが製造部門を持つとは考えにくいと思います。
人買いの要素が色濃い強い買収ですね。VRとか一気に進めばいいですね。
これによってモバイルVR技術が飛躍し、
携帯(ウエアブル)経由による新体験が楽しみです。

技術を買ったのではなく人を買占めておいたのですね。

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア