新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンクとみずほ銀行、J.Scoreが2017年9月25日から「AIスコア・レンディング」を開始しました。プレスリリースはこちらです。
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170925_01/

個人データを提供してスコア(信用格付)を算出し、それに基づいて借り入れが出来るというもの。20歳以上(70歳以下)であれば安定収入がある場合学生や外国人留学生でも借り入れが可能とのことです。

従来の金融システムでは手が届かなかった借入層(学生・留学生などの若年層など)を発掘できるのか、あるいはこのスコアリングで現在高利で借りている層の借り換えが起きるのか、スコアリングがしっかりクレジットロスを予測できるのか、注目です。銀行の消費者ローン問題が叫ばれる中で、どのようなポジションを取るのか興味が尽きません。
(物販での「後払い」の行方も金融事業として捉えて見ると面白いですね)。
中国でやってるやつ。自分のスコアが見られるというUIがいちばんのイノベーションかも。モデルの再生成を行ったときにスコアが変わらないようにするのはどうやってるのか気になります。
「金利は年0.9~12.0%」
金利の幅がとても広いですね。データが多く、回収の不安が少なければ安くで借りられる。とても合理的だと思います。お客さまにとってもメリットは大きいかと。結果、取引を集中させることにも繋がりそうですね。
契約極度額は10万〜1,000万円。金利は0.9%〜12.0%。現在のカードローン金利がだいたい2.0%〜15.0%くらいなので、審査の人件費を除いた分くらいでしょうか。
先週、メガバンクに対して、金融庁からカードローンの過剰融資抑制の観点から保証業務の適正を要請していますが、カードローンからこちらへシフトし、リテールの小口需要を加速させる方向へとなるかもしれません。
Fintechによって、金融サービスへアクセスしやすくなるメリットがある一方、自己判断で利用できる局面が増えるので、個人の金融リテラシーの向上がより求められるようになるのでは。
みずほとSBユーザーにはメリットが大きい。
スコアチェックだけでも試す人が多そうで、データがたくさん集まりそう。
「みずほ銀行やソフトバンクの情報を連携させれば、金利を最大0.2%引き下げる」
「そうじゃないんだよなあ」という本音は封印。
今後の展開が興味深くはあります。
スコア算出後に、金利を下げるためのオススメ行動、キャリアアドバイスといったレコメンドがあったら面白いかも。(自分は使いたくないですが・・)
借金なので、こう言ってはおかしいですが、これは面白そうですね。
「金利は0.9%~12.0%の間で設定され、専用サイトから性格・趣味・年収・勤続年数などを18種類の質問に答えることで算出する「AIスコア」をもとに決まる」
Jスコアの着目点は二つ
①融資以外の評価スコアとして市民権を得るのか
②異業種データをどれだけ取り込めるのか

要はJスコアが「日本のアリババスコア(芝麻信用)になるか」
ソフトバンクグループ株式会社 (英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。近年は先端IT企業などに投資するファンド等を立ち上げ、投資会社の側面が強くなっている。プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社である。 ウィキペディア
時価総額
20.7 兆円

業績

株式会社みずほ銀行(みずほぎんこう、略称:みずほ、英語: Mizuho Bank, Ltd.、略称:MHBK)は、本店を東京都千代田区に置く、みずほフィナンシャルグループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの一角を占める。 ウィキペディア

業績