新着Pick
669Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人間は収入があれば仕事がなくても幸せに生きていけるのか。
本質を問う壮大な実験を始めたのが、官ではなく民というところがアメリカらしい。
実験でこの本質的な問いへの答えが出るのか。働かずに一定の収入を得た人たちがどうなるのか。これは注目。
Y Combinatorのこれまでの投資先も面白く、今回の実験にも大きく投資をして先進的な社会の姿を見つけようとしているところが凄いなと。

この実証実験は人の性、性善説と性悪説の実証実験かと思える取り組みで、オメラスの理想郷になるのか?という話。

ただ、オメラスには地下牢に閉じ込められたオメラスの平和と繁栄の為に差し出されている犠牲があることを知って暮らしいるわけで。

この記事に出てくるAIやロボットや、他に稼いでくれる優秀な人間が自分たちの仕事を奪って労働の犠牲となることを知って、それでも人はお金を無条件に受け取りながら、UBI支持者が言うとおり人々を貧困から救い、生活水準を底上げし、より大きな繁栄を生み出すのでしょうか?

発展途上国へのODAの成功事例は、お金などの支援でいきなり解決するのではなく、寄り添って協力し、自分たちで解決できるように自立させることだそうですので、UBIに懐疑的な人たちの考えも分からなくはないです。

この実証実験は注目すべきですね。
堀江貴文イノベーション大学校でもBI実験中です。
ベーシックインカムはもちろんですが、Randomized Controlled Trial (RCT)の手法で検証しようとしている点にも注目したいですね。こうしたエビデンスに基づいた政策設計こそが、フェイクニュースの時代の希望だと思います。
何をテストしようとして行うのか、実権の設計がイマイチ不出来なように思います。BIがあっても仕事は大事でしょうし、BIが有期なら仕事は辞めないだろうし、しかし、対照群の人々と較べてBIを貰えること自体はラッキーだと思うでしょうから、BIが不評ということもないでしょう。
働くことを生活手段としての稼ぎに限定していれば、BI導入で一時的には働くことから距離を置くひとが出るかもしれない。

しかし、心身に不調があったり、子育てや介護で疲弊しているひとにとって、生活費を稼ぐというプレッシャーからいくぶん開放されることで、「次の働く」「自分にとっての働く」を再定義し、お金にならない稼ぎから、お金になる稼ぎのなかで、どこを取るのかをキャリア感や状況変更によって柔軟に選択し得るようになるのではないか。

少なくとも、働きたいけれど働けない若者の支援をしているなかで、もっとも大きな課題のひとつである「一定期間、時間を作る」ことが難しい若者にとってBIは効いてくると思う。

あとは大きな課題である社会的孤立が一定収入によって確保、獲得し得るのかどうかに興味がある。これまでは働くことが社会的な孤立解消になってきた部分があるが、必ずしも働くが孤立の解消ではない状況下において、ひとはつながりの形成と維持がどの程度しやすくなるのか。ここは意外と金銭面で充足できる領域は大きくないと考える。
仕事の定義が変わるのでしょうね。金銭をもらわない仕事で、生きがいを感じられるのかもしれないですし。
ベーシック・インカムが合う人、合わない人が出てくるんだろうけど、それぞれのグループに含まれる人たちに共通する特性がはっきり現れるものなのか、気になるところ。
すでにいろいろな方がご指摘されていますが、人間は、期待の生き物なので、「最大5年」という時間軸をどのように考えるのか。記事では、東アフリカでの実験は12年という長期に亘って実施するようですが、5年なのか、12年なのか、生涯に亘ってなのかによって行動も変わるような気がします。
5年キャリアブランクがあって、5年後に働けといわれることが分かっている場合、人は働くのか、5年かけて単純に働くのではなく、これまでとは違うアプローチでキャリアを構築するのか、ただ単に怠けるのか。
時間軸を長期に伸ばせば伸ばすほど、財政主体に対する信認が重要になるため、リカーディアン的な行動(将来の増税を見越した控え目な消費行動=将来のBI廃止を見越した労働)をとるのか。
いろんな観点で分析が可能で、興味深い実験です。
所得を保障することで生活や仕事の動機はどうなるかを実験するというが、それがBIの論点とは思えない。
仕事があってもなくても所得を一律保障することが社会として回せるのか、がポイントであり、そのためは、他の社会保障支出を削っても社会は大丈夫か+そのカネで十分な所得保障になるのか、を確かめる必要がある。