新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

348Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今世紀中すなわち今から80年余り後の話を、仮に彼の予測が当たるとしてどう捉えるか。
一方でマッキンゼーの予測では向こう40年間で無くなる職業はたったの5%としています。
http://jp.wsj.com/articles/SB11163456931573304514904582566493718009400

そもそもルーティンワークとは、AIやロボットに奪われる前に既に、同僚に、新人に、競合に、新興国に奪われる性質のものです。
もっと言えば現状でも機械化できるのに「そんな仕事は人間にやらせておけ」という類のほうがむしろ圧倒的に多いのです。
組織や社会の実現コストの問題です。
この10余年間の時代はまさに「時間の経過とともに少数の人がますますリッチになり、多くの平均的な人々が辛い状況になること」という現象が緩やかに進んできたのであり、その結果起きた象徴的なことがブレグジットやトランプ大統領誕生ではなかったかと思います。AI(ロボット)がこれを助長するのだとすると、全世界的に思想が左右両極化しやすくなり、より大きな政局の流動化が進むのではないかと推測します。
 AIにより失業が増減するという話は多くの人々が既に耳にしており、中には食傷感を覚えている層もいるかもしれません。一歩引いて、それがもたらすより大局的な影響にも目を向けてみるのも一興かと思います。
おそらくNewsPicksユーザーにとっては、納得の方向性をあらためて確認するインタビューではないでしょうか。

深刻だと感じるのは、ここで語られているような変化の傾向を全く知らなかったり、感じ取っていない人も少なくない、ということ。

初等教育(公立)の現場を見ていると、本稿で語られる、ロボットがやる仕事を人間がやる前提で進んでいて、危機感を覚えます。
自動化によって雇用がなくなるけど、他の産業が生まれると言われてきました。よく例えられるのは馬車から車や電車へ。でも今回のテクノロジーの変化はどうやら新しい雇用を生みそうにないですね。雇用を奪われた人たちはどうなってしまうのか。
例えば自動運転による影響が大きいのはタクシーだと思いますが、今の乗務員が全員自動化になったらクビにするかはともかく激減させられるはず。タクシーの運転手の職は無くなるけど、タクシー運営会社の生産性は劇的に上がる。一経営者としてはいいのかもしれませんが、新しい雇用対策をしなくてはなりません。
個人的には新産業をどんどん育成し、雇用の流動化を進めるしかないように思います。
日本の場合は雇用規制厳しく、海外ほどドラスティックには進まないんじゃないでしょうか。
一方で副職解禁で「大副職時代」が来ると考えます。日本は(良くも悪くも)変化への適応に段階踏む傾向ありますね。
テクノロジーが持てる者への富の集中を促すのは、新しい話ではないですね。
変化率に合わせた再分配政策が不可欠ですが、経済的格差だけではなく労働による幸福感の代替になるような定性的格差の是正も必要な世の中になるような気がします。
失業問題より仕事変化の問題だと思う「分野ではなく、見るべきは仕事の「性質」です。ルーティンの仕事、繰り返しの仕事は、影響を受けます。これらの仕事は、現代においては非常に脆弱です。」
人間が何をしてて幸せなのか。
ルーティーンをしてて幸せな人はあまりいないはず。
人の雇用を生み出すために仕事を作る&残すのは個人としては微妙な考え方で人がやってて幸せになるような仕事にフォーカスしていくような形になると良い未来だと思う。

その中で資本家(時代を先駆ける)か良い思いをするのは当然であり、その人は他の人よりも過去にリスクを犯し、頑張ってきているからそうなっていると思う。

ただし、相続とかでそのまま金持ちが金持ちになる仕組みと教育が脆弱なのは微妙なことなのでそこは改善の余地ありだと思う。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。