新着Pick
383Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
The Clashのジョー・ストラマーは"Punk is not style, but attitude"と言ったなんて話がありますが、人の姿勢というものは様式に表れるものですし、逆に様式は人の姿勢をある程度方向付けるものだとも感じます。Tシャツ・短パンの時とスーツ・ネクタイの時とで、何気ない所作やモノの考え方が違うように感じるのは私だけでしょうか。どんなスタイルであれ、ひとつの様式美に基づいて生活していると、なんとなく思考もそうした型にハマりこんでいく気がします。
相手の懐に飛び込むのに先方のプロトコルに合わせればいいというのは簡単なアクションで、「心情シリコンバレー型」の会社もネクタイを巻くだけで案件が取りやすくなるのであれば安い話。2本でも3本でも巻いていきゃいいと思います。コスプレ感もあってたまにやると楽しい。

昔、NHKの教育番組でローリー寺西が子どもに「なんでおじさんは髪の毛が長いの?」と聞かれ、「なんで君のお父さんは髪の毛が短いの?」と聞き返していたのを覚えていますが、どんな姿カッコであれ、常に自分を相対化する目と状況に合わせる柔軟さは持っておきたいものです。
前回に引き続き、朝倉 さんとの対談です。ウォール街的なもののカウンターとして誕生したシリコンバレー。『自由』を標榜したはずなのに、その『自由なスタイル』がなぜか制服化してしまう。

いずれにせよ我々は『装うことの意味』からは逃れられないのかもしれません。
むしろそれならばそのコードを理解し功利的に使用してみるのもまた一興です。

またここで出てくる、ある人物との出会いとは、リンクアンドモチベーションの麻野 耕司さんです(笑)。

勝手にネタにしてすいません(事後報告)。
なぜ、オタクはチェックシャツが多いのかについても知りたいです。
楽だからでしょ
楽しそうな対談。
服装のことは色々な場面で議論されますが、一ついえることは
「だらしないこととカジュアルなことは違う」
ということです。相手がスーツを着ていなくてもきちんとしている印象を持つこともあるし、逆もまた然り。
"正論をストレートに発信しても、「自分たちとは違う人種だ」と思われた瞬間、受け入れられづらくなってしまうのが現実"
ひとくくりにネット系、とは言ってもスーツにネクタイ、というスタイルだけで信用してもらえる感覚はありますね。「あ、話が通じそうだ」と思われる瞬間を何度も感じました。ビジネスの基本は相手のメリットとこちらのメリットをすり合わせることから生まれると信じているので、ファッションによってそれが変わるのであれば相手に合わせる方が無難です。
どちらかというと形式ばったことは苦手。それでも、何か始めるときは形式で無思考で飛び込むほうがスムーズに進むこともある(とはいっても、いつまでも無思考ではいけないが)。

あと、IT企業のほうが、人と会っている気がする。ミートアップとかそういう社外の人も含めたイベントも多い。「表敬」訪問は少ないが、オフィス訪問やフェイスブックといった形で、実質的に特に用事がないけど親睦を深めるといったことを代替しているのではないだろうか。
形は変わっても人間やることはそこまで変わらない!?
Tシャツがあるコミュニティの文化であるのと同じく、スーツもあるコミュニティの文化であると受けとめるスタンスです。

また同じく、タイム イズ マネーの価値観のコミュニティもあれば、時間よりも大切にするもの(例えば信頼とか、言葉に対するコミットメントとか)があるコミュニティがあるのも、自然なことだと思います。

もちろん、基本的な価値観や大切にする文化が違うグループの間では、有効な協働や協調は成立しづらいわけですが、その必要性を感じていないからこそ、融和しないのでしょう。

無理やり統一しようとしたりしてお互いにストレスを被ったり、対立してしまったりするよりは、今のままで良いと思います。

社会全体で見れば、これも大事なダイバーシティです。
この記事中で大室さんを紹介されたのは私でございます(笑)急に紹介されて戸惑いがあったのは事実ですが、結果として大室さんにお会いでき、大室さんから佐々木さんをご紹介頂いてProPickerになりました。シリコンバレーでは「許可を求めるな。謝罪せよ。」と言うらしいですが、体裁を整えるより、スピードを大切にする西海岸の良さが出たエピソードだと思います!SkylandVenturesの木下さんには感謝しかないですよ(笑)

-------------------------------------------------

以前ある人が、僕を含む3人のグループチャットを作って「◯◯さんを紹介します! 大室さんの記事が好きみたいです!」と連絡してきたことがありました。経緯がわからないので、何か説明があるのかと思っていたら、その5分後には「じゃあ、紹介したので!」とその知人はチャットから退出したんです。相手の方は「雑な紹介をされて私も困惑しています」と言いながら、経緯を説明してくれました。どうやらその方が、僕の書いた記事にフェイスブックで好意的なコメントをつけていたので、それを見た知人が「大室さんを紹介しますよ!」という話になったようなのです。こういう場面ではある意味被害者同士で妙な連帯意識が生まれますから、紹介はうまくいき、結果オーライとも言えるんですが……。
記事の内容は、いわゆる「丸の内」と「渋谷」のオフィスで働く人の格好が違くて、そこの人々がもう少しうまく混ざるといいのに、ということと理解しました。

個人的には、みな好きな格好でお仕事したらいいと思っていますが、洋服に気を使っているというだけで、その人のことを毛嫌いしたり、茶化したりする人々がまだ一定数いる気がしています。さすがに自分の業界にはいませんが。。。(むしろその逆)

気を使わないなら使わないなりに堂々としていればいいのにな、と思います。 他者の格好に牙を剥く必要ないですよね。

あと、日本のビジネスパーソン、特に男性ですが、ヘアスタイルがいまいちな方が多いと思います。
これもあんまりビシッとしてるとひかれるからだと思いますが、何か清潔感の観点からNGの人結構いる気がします。。。

洋服も髪型もバキバキにキメる必要ないですけど、野暮ったい=正義、少しダサめ=誠実、の方程式は上の世代までにして欲しいなあ。

絶対共感されないだろうけど。
株式会社ミクシィは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) であるmixiを運営する企業である。 ウィキペディア
時価総額
1,648 億円

業績

新着記事一覧
ゆるゲ大戦争製作委員会、『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争』で『京刀のナユタ』コラボイベントを開催!
Social Game Info
2Picks

「れいわ」が国民民主を1票でも上回ったら、連合は無力になる - 田中龍作
BLOGOS - 最新記事
4Picks

働く女性を応援し、誰もが美しい人生を咲かせていける社会を目指して——ライフサカス代表取締役・西部沙緒里
致知出版社編集部
2Picks

昆虫学者に聞いた、蚊に刺される理由と6つの撃退法
ライフハッカー[日本版]
5Picks

【インタビュー】ロシアのパンクアート集団プッシー・ライオットが語る、パンク精神とアクティビズムの関係
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
2Picks

作り笑顔で幸福度はアップしない。むしろ気分に悪影響も?:研究結果
ライフハッカー[日本版]
3Picks

1+1の答えがわからない。虐待、貧困......。そんな境遇の子どもたちに勉強を教えるNPOの活動とは
ハフポスト日本版
4Picks

銀河から追い出される星、火星の空を流れる「夜光雲」:今週の宇宙ギャラリー
WIRED.jp
5Picks

ABEJA永淵恭子氏のモットーは「一石二鳥」、マーケティング施策の効果を最大化するために
ITmedia マーケティング
3Picks

ファッション、最初の仕事、趣味…… 世界の富豪たちの「生き方」(前編)
Forbes JAPAN
3Picks