新着Pick
233Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
都市農業振興基本法制定の背景には、2022年問題があるとされます。
都市に農地を残す目的で生産緑地が1992年に導入され、その優遇期間の期限が2022年です。期限を機に生産緑地の大半が宅地流用される懸念があります。
農林水産省はこの課題に対して、税制優遇や土地を貸しやすくするための法整備を進めています。
また、記事にもあるとおり、現在、農業関連の様々なマッチングサービスが大手・ベンチャー双方から提供されてきています。
比較的時間に余裕がないと取り組みにくかった農業も、短時間や新しい形での関わり方ができることが期待されます。
私の親戚にも、都内から関東近郊に引っ越した折に本格的に畑で野菜を作り始めた一家がいます。仕事をしながらなのでなかなか専念というわけにはいきませんが、いない間に近所の方が収穫してくれたり(いいか悪いかはさておき)と、新たな交流のきっかけにもなったようです。
ただそれができているのは、田舎で生活していた時に農業を経験したからというのも大きいのだろうと思っています。こういったところも、新たなマッチング機会になるのかもしれませんね。
「家庭菜園業界」はホームセンターや、新築戸建ての庭をどうするかなどを中心にすでに大きな市場を形成していると思います。しかし、私の思うところでは「野菜づくり」が真の娯楽として社会に定着するポイントは「みんなで育てみんなで食べる」という文化に育つかどうかにあると思っています。
かつてジョギングが孤独な営みであったのがスマホとともにより交流的な広がりを持ったように、農園シェアがこれからの潮流と踏んでいます。

という私の見立てというか望みというかを新刊本にまとめました。
9/28発売です 
農ライフ・就農を考える人向けの情報誌の決定版「新いまこそ農業」(イカロス出版) 宣伝失礼しました!
https://secure.ikaros.jp/sales/list.php?srhm=0&tidx=78&Page=1&ID=4025
これからバブル化して来るので消耗戦になるだろうね。資本持ってる所と都市近郊以外手を出さない方が吉。
でも補助金大量投入されそうな分野
マイファームさんは既に100拠点も貸し農園を展開しているのですね。
ガーデニングから野菜作りへとのこと。実用性なのか?
タキイ種苗株式会社(タキイしゅびょう)は、京都府京都市下京区に本社を置く種苗会社である。1835年(天保6年)創業。「桃太郎トマト」の種苗でその名を広く知られる種苗会社である。 ウィキペディア
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
525 億円

業績