新着Pick
31Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
自動車の自党決済デバイスとしては、この記事ほどではないにせよ、シンガポールのシステムは現状実用化されている中では世界の先端。

日本のETCに似た車載器とカードのデバイスで、ロードプライシングの決済に加え、国中のおよそありとあらゆる駐車場の料金が自動決済出来る。

これに慣れると、日本の駐車場の支払いの手間暇が、前時代の遺物にすら感じる。

記事のシステムは更に進化するのだろうから、期待大。
完全自動運転、シェアが当たり前の時代というのも想像できるが、その時、自動車用電子決済システムがどの様に機能して行くのかも注目したい。
トヨタ自動車を始め自動車関連サービスという括りでのプラットフォーム構築は、各社が徐々に取り組んできたところ。さらにその実用性、拡張性などを検証していく段階に入ったということですね。