新着Pick
323Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
量子コンピューターには、従来の古典的なコンピューターにはない独特のアルゴリズムがあり、そのアルゴリズムに即した量子プログラミング言語がある。例えば、Q言語はC++を拡張し実装されたものだ。一般のエンジニアにとっては不明だが、FortranやCに慣れている科学者にとっては、Cの構文に似た言語のQCLは馴染みやすいかもしれない。特有のアルゴリズムとして有名なのはショアのアルゴリズムだ。従来の古典コンピュターでは素因数分解問題を現実的な時間の範囲で解くことはできないが、ショアのアルゴリズムを使えば、現実的な時間で解くことができる。この話題をベースに暗号理論とあいまって、量子コンピューターが出現するとあらゆるセキュリティが脆弱になりうるという話が広まったのだ。この記事でも少し言及されているが、大量のデータの中からある条件に合致するデータを見つけるためのアルゴリズムであるグローバーのアルゴリズムはビッグデータと相性が良いのではないだろうか。
同じ専攻に暗号の先生がいるため,修論の審査会などの発表では,やはり量子コンピュータの進展に伴う離散対数問題の安全性の低下と,それに対抗するための格子暗号の改良,というような話をよく聞きます.
どれくらいのスパンで実用化されていくのか,気になるところです.
量子コンピューターは、必ず来ます。なので、今のうちに理解して、どう利用するか考えましょう‼️
こんな記事↓もありましたね。中身は全然理解できていませんが・・・。
「量子計算機でも解読困難 北海道教育大学らが新方式の公開鍵暗号開発」
https://newspicks.com/news/2439212