新着Pick
10Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
テレビのコメントなどを聞いていると「民進党はこれをきっかけに膿を出し切って再生するチャンス」だと考えるべきだ。そういう意見を耳にする。特に自称リベラルで民進党を応援する識者にそういう声が多い。

しかし。今回の流れは「自律的な膿出し」ではない。「自分でコントロールできない他律的な垂れ流し」じゃないか。自らの意思とイニシアチブで改革のために血を流しているわけではなくぞろぞろと離党者が出てくるのをただただ傍観しているだけなのだから。これは「膿出し」じゃなくてただの「流血」です。

もしも自律的な「組み直し」を言うのならば。そのチャンスはいままで何度もあったはずだ。直近でいえば民主党が民進党に改名した頃。つまり維新の一部が民主党に合流したタイミングだっただろう。あるいはその余波による共産党との共闘で長嶋議員が離党したとき。それが最後のチャンスだったようにわたしは思う。現に元維新の松野議員は前原代表に対して共産党との連携を強く求めているではないか。

いまもっとも離党したいのは前原代表ご自身だと思う。
離党そのものはもちろんだが、最大の問題は岸本周平さんのようなまともな議員が次々に抜けていること。屋台骨が揺らいでいる。次の衆議院選挙で民進党は維持できないレベルまでいくと思われる。