新着Pick
199Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
バックオフィスやコールセンターだけではない。日本の場合は、そもそもフィンテック以前の問題として、人口構成が変わり、ネットバンキングやクレジットカードが普及して現金比率が下落するだけで、銀行の駅前の豪華店舗や人員は不要になってくる。それに加えてフィンテックの台頭で将来的にブロックチェーンが普及すれば膨大なシステム要員も不要になるし、送金・決済・融資もフィンテック企業に取って変わられる可能性があるでしょう。消費者利便性と銀行の既得権益の戦いの中で、銀行の雇用は当然維持できなくなる。
商業銀行だけでなく投資銀行、証券会社そして日本の総合商社の多くも影響を受けると思います。
メガバンクの中には、50%と言っている人もいます。雇用だけでなく、ターミナルの大型店やATMも。しかし、それがないと困る高齢者もたくさん。
レガシー、ネットワークを持つ大企業、伝統企業には厳しい時代になりましたが、これを「待ってました!」と言える度量を持つ経営者が求められている、という事ですね。
インターネットバンキングが始まってからどれくらいの業務量が無人化されたのかが気になりました。

あ、もしかして数字で測られてなかったりしますかね?
これはなかなか衝撃的な予測。これから就職する学生さんはいろいろ考えるべきですね
ただ、人手不足のおり、単純に言えばその3割の人材が市場に放出されることは社会的には良いことだろうし、一定数はベンチャーを中心とするニューエコノミーに優秀な人が流入するだろうことも良いこと。
おそらく多くの業界で同様のことが起こってくるなかで、業界として先んじて起こることは悲劇というよりは逆に恵まれている、ということになる気がします
人が足りないうちに、先んじてスキルをためられるという意味で
シティグループ(英:Citigroup Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融に関する事業を行う企業を傘下とする持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
20.7 兆円

業績