新着Pick
388Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ARKitはなかなか使えるらしいんだよね。個人的には顔認証が嬉しいけど。
そこまで計算されてるかな〜??
まだまだアップルの売り上げの1/3はiPhoneなわけで、イノベーションに軸足を置いていないTimCook体制でおいそれとiPhone終わりだなんて言えないでしょうけどね。
これまで出していた廉価版のSEがことごとくハズレたので、今度は「8はこれね。さらにアッパーモデルを10周年記念で出しました」ということかと。そうするとiPhone8が廉価版だとは誰も思わないというカラクリ。
スゴく良記事!iPhone Xと名付けられた意味。この先からスマホが中心ではなくメガネ型のAR/AIグラスの時代に突入するとのAppleからのメッセージ。ARKit、CoreMLは極めて重要なツール。ポストスマホ時代へ!
面白い記事。「X」が最後だとなると、今年、iPhoneXを買って、また来年、あっぶの新たなiPhoneに変わる何かを買わなくてはいけなくなる。そうなると少し困る…
”次の狙いは、当然、メガネ型AR/AIデバイス”
さすが、清水さん。
クリエイティブを刺激し、楽しみではある。未来プラットフォームを作って、大枠は示したよ、ということか。

Appleの次の狙いは、当然、メガネ型AR/AIデバイスだと想像できる。
画面が空中に浮いているように見える、というのは、Microsoft HoloLensをかぶった時の体験にそっくりだ。それが来年になるのか、もう少し先になるのかはわからないが、この流れをAppleが強く意識し、今から準備運動を始めよというメッセージになるだろう。
ARならGoogleのTangoのほうが先行しているイメージ。

Xはてっきりアップルマシーンに開発の自由を与えたUberX的なものだと理解していたが違うの?10なの?だとしたら却ってどうだろうか。所詮、ナンバーを飛ばそうがシリーズだということになる。しかもフォルムもそんな変わってない。どう受け取るだろうか投資家は。

言葉とブランドというのはタダで使えるからね。
バージョンアップをどう捉えるかという話だろう。OS Xもネコ科の動物の名前で進化していったし、最近ではアメリカの地名になっている。これをもってOS Xは最後のOSだとは言えない。テクノロジーの進化に「最後」はありえない
"最高の機械と最高のAPIを用意した。あとは我々にそれを使いこなしてみろと、Apple自身が思いもつかないような使い方を見つけてみろという挑戦状である。"
シビれる。最高にシビれます。これで次のiPhone9までは時間稼ぎができそう。その次のXはもう出てしまった。どうするつもりだろう?

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。ダウ平均株価指数構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
98.7 兆円

業績