新着Pick
335Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本電産の永守さん「全部使ってあの世に行く」とのこと。お金は持って死ねません、使ってあの世に行きましょう。
こういう活動は間違いなく素晴らしいことですし尊敬します。
一方で世の中での語られ方としていつも違和感があるのは「ビジネス」とそうではない「社会貢献活動」を対比的にとらえる論調。
「ビジネス」として成り立つには、社会の課題を解決していることでそのものが社会貢献活動だし、雇用を産み、税金を払うことが企業にとっては最高の社会貢献だと思います
週刊現代は、高校の先輩でもあるクーリエ連載時代の担当編集者が若くして編集長を務めているので、そのご縁でよく取材されてこの記事にもコメントをしている
亀山さんなど、NPでおなじみの名前も見られますね。

このような取り組みができるのは本当に素晴らしいし、格好良い。
一人ひとりにどのような志でお金を使っているのか、インタビューしてほしいです。

私は小さなことしかできていませんが、少しでも世の中のためになれるよう、見習います。
稼いで使うというより、持ち物をどこに配分するかという方がわかりやすい
アンビションがすごいですね!
最近は遺贈/死因贈与も増えていますよね。超富豪でなくても、次の社会に使ってもらう、ということは考えたい。
所得移転のひとつの形なので、超富裕層が一族以外へ、税金だけでなく社会へ還元するのはとてもいい。