新着Pick
187Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
インタビューしました。ベビーマッサージ講師、キャリアコンサルタントという肩書きを持つママぞうさん。コノビーでもいくつもコラムを書いてくださっていますが、とてもマインドフルネスな方で、いつもその内省力がすごいなぁと思っていたので、今回改めて、子育てのスタンスについてお話を伺いました。上から目線の子育て論ではなく、ご本人が悩んできた軌跡を語ってくださっています。貴重なお話が聞けたと思います。
色々共感できる記事でした。

そして子供を信じること。これはとても大切ですね。私の場合、娘達の学校や習い事の先生方や両親からその大切さをよく気づかされます。言うが易しで子供を長い目であたたかく見守るというのはなかなか難しいことだなと思います。
「そして同時に、自分のことももっと信じてあげてほしい。」
これは嬉しいですね。励まされます。毎日の忙しさから気がつくと家族のことを考えすぎて自分を見失ったり、不必要に自信をなくしてしまったりすることがあるように思います。自分を信じる。親になっても大事にしたいですね。

「これ、今どっち?」
いいですね。これは使わせて頂きます!
そもそも子供の気持ちを汲み取りそれを尊重しようとする姿勢は愛そのものですし、親としてのあり方を悩むのは謙虚さと柔軟性を兼ね備えている証ですから、そういうお母さんは全く心配いりません。子育ての自信がないことにこそ、自信を持って良いと思います。
子育ての問題の大半はこれ
親あるある
問題点を理解されていて素晴らしいと思う反面、なかなか理想通りいかないもんだよね、と共感しました。

こんな事言うとアレですけど、女性というかお母さんは皆さん少なからずこの傾向があるように感じます。うちのカミさんもそう。

そういう意味から、第三者、ないし旦那さんの声って重要なんじゃないかな、と思いました。誰がいい悪いじゃなく、他の意見が入るのは大切です。

私がその役割になっているかどうかわかりませんが、ウチは私がユルユルボンクラなんでなんとかなってる気がします。