新着Pick
501Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「起業家」にとっては「ワーク・イコール・ライフ」なので、「バランス?は?」ですよね。

世の中には必ずしも楽しくない作業を担い、対価としてのお金をもらっている人がたくさんいて、「ワークライフバランス」とはそうした人たちの為の考え方です。

ドイツのライヒスターク(旧帝国議会議事堂)やパリのポン=ヌフ橋を一時的(テンポラリ)に布で「梱包する」というアート作品で知られる、クリスト&ジャンヌ=クロード(ジャンヌ=クロードは2009年逝去)は、自らの人生を「ライフ=ワーク=プロジェクト」と表現しています。生きることは働くことと同値であり、働くこととはやりたいと考えた1つ1つのプロジェクトを実現していくことに他ならないと。


見たことがないものを見せるのがアート。だから、「ここまでやる」 2017.08.09 WED
https://hillslife.jp/art/2017/08/09/how-far-will-you-go/
昔から怠け者だったので開業や投資での早期リタイアを考えたりしましたが、結局は実労1日4時間×週6日働くのが最も毎日が充実するという結論に至りました。

週4日~7日勤務まで、1日0時間~12時間勤務まで色々経験してみて感じるのは、何事も程々が1番という事ですね。先入観と後味はこうも違うのかという感じです。
ワークライフバランス…ワークもライフの一部。ライフとワークが並列な感覚がないのでいつも違和感を感じる言葉…

ライフには家族と過ごしたり、友人と過ごしたり、仕事以外のことをする時間も当然含まれるでしょう?どれも大事。ワークももちろん同じように大事だけれど、私のライフのポートフォリオの一部にすぎない。私はただ自分のビジョンに向かって、やることのポートフォリオを見直したり調整したりしながら日々を過ごしています。ワークに集中せざるを得ない時も、家族に集中したい時もあるでしょうし、そういう時に、自分のやりたいポートフォリオがすっと組める体制が大事な気がする。
今、大事なのは仕事。いつも大事なのは家族。

ワークイズライフの生きかたを支えてくれている奥さんに感謝しています。
できる人は、コントロール権を自分が持っていることを知っている、かな。
個人的には以前NPでも話題になった、落合さんのワークアズライフの考え方がしっくりきています。
起業家とかの場合皆さんのコメントにあるように、働く人自身のワークライフバランスってのはあんま気にしてもしょうがないというのはわかりますが、その人の家族、パートナーからみたワークライフバランスはやっぱ考えるべきかなと思います。

ブラジルにいるからかな?
ワークと書いてライフと読む事を漢字で表すと起業家になります。
私もワークライフバランスのバランスの定義は個人ごとに異なると思う。むしろ、自分でどう働くか、どう人生をenjoyするか決めていないことが問題
「ワークライフバランス」という言葉にはいつも違和感を感じます。特にそのバランスを時間で図ろうとする場合は特にそうです。

ワークとライフを分ける必要はない、ワークはライフの一部ですよね。だからワークが充実している人はライフも充実するのだと思います。
Facebook(フェイスブック)は、Facebook, Inc.が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。「FB」と略されることもある。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
55.6 兆円

業績