新着Pick
178Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
高速道路に比べて一般道は不確定要素が多くて、それに伴ってセンサーやAIなど技術的に対応が必要となってコストが上がる。むしろ、高速道路に特化して長距離移動の自動運転プログラムを実装するとともに、高速ICまでのライドシェアを組み合わせるといった取組みが現実的か。

いずれにしても、北海道の道北みたいな鉄道路線が存続不可能な地域において、国道の一部を実証実験区域にするといったやり方もあるのではないか。名寄~稚内の国道40号は、高規格道路なので適していると思う。
風船のあとに、追いかけるコドモが出てくるかも知れませんからねぇ
1700年代に発明された自動車は、乗り心地と燃費の二つを軸に現代社会を支えて来た。今の自動車は人間の乗り心地を最優先に進化して来たとも言える。その中で、我々は運転技術を獲得して来た。その根元には人間の脳にある情動機能、すなわち、気持ちいい、怖い、上手くなりたい、事故りたくない、等がある。
AIには人間のような心、情動的な機能は、少なくとも今はまだない。
今のAIはただ人間が設定、想定したことに対応しているだけだ。私達自身、無意識に情動の影響を受けているが、その影響に気付いていない状態で、どこまでこの問題を解決出来るのだろう。
自動車の自動運転がやっかいなのは、自分が運転出来るからだ。自分の期待に合わない運転は怖い。また、運転者がプロ、例えばタクシーの運転手さんなら大丈夫だが、自分のダンナや奥さんの運転だと乗り心地が悪くなるなんてこともあるのでは。飛行機や電車でオートパイロットが作動していても、恐らく乗客は誰も気付かないかもしれない。
搭乗者がどういう期待値を持つか。その期待値に合う自動運転システムの登場が待たれる。
そして、この研究は脳科学とAIを融合して既に進められている。

でも、もしかしたら、トラックのように人ではなく、物を運ぶ自動車の自動運転の方が先かな。
壊れなければ、急停止しても文句は言わないからね(笑)!
記事だけ見ると日産の一般道の自動運転の方が技術は高そうですね
一時期のレベル5すぐ来る!的な論調が落ち着いて、私もコメント欄を心穏やかに読めるようになりました。

とはいえ、風船に反応しないようにはすぐなるはずで、問題の本質が、この記事にあるような一般物体認識の限界ではない事だけは確かですけど。

「マグナの予測では、2025年になってもレベル4技術を搭載したクルマは4%程度だろう。レベル4技術を製造ラインに組み込み、実験的に搭載していくことは、2018年末以降可能になりそうだ。」

マグナ、ポジジョントークが無くて好感が持てます。
Saitouセンセに同意。
正しい判断かもですよ。
車載カメラからの映像からどれだけの情報を引き出せるか?人間の形をした風船と人間を見分けることはかなり困難。しかし、できなければ市街地でレベル5を達成できない。挑戦あるのみですね。ブレークスルーが必要なのは確かです。どの企業がいつ頃達成できるかの注意深く見守りましょう。
路上にいる動物にどう対処するか。どくまで待つか、避けるか、そのままひき殺すか🤔
やっぱり人間の認知学習機能って一見人間にはPrimitiveに見えるような領域ほど代替の難易度が高いのだなあ
クライスラーは アメリカ合衆国ミシガン州オーバーンヒルズに本社を置く自動車メーカーFCA US LLCの自動車ブランドの一つである。FCA US LLCはイギリスロンドンに本社を置く持株会社であるフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の子会社。 ウィキペディア