新着Pick
84Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本格的に民進党が溶けてるな。いい傾向だ。
まずもって「小池新党」と言われているものの政策の軸が開示されていないので、この段階での調査はあまり意味がありません。また、現在細かく摺合せ中である政策の軸がはっきりしないまま立ち上げて欲しくもない。しかし、ただ一つ、民進党よりはだいぶ期待されているということは言えるのでしょうね。
肝心の現在自民党政権に対する期待度調査の結果もなければ、比較のしようがありませんね。
民進党が、共産党と「協力する方がよい」は22%ですが、民進支持層では4割、共産支持層では5割とのこと。
前原代表が周囲の話を聞けば聞くほど、「協力する方がよい」と傾く。しかし、本当の社会の声はそうではない。この辺りに、民進党の党運営の難しさを感じさせます。"イノベーションのジレンマ"を越えて、あるべき党の在り方を考えて欲しいですね。
調査対象の人達が何を期待しているのか気になりますね。期待を待つより、何かを作る側に回りたいと自分は思います。
私は頻繁な世論調査(と、結果として内閣支持率の上がり下がりに政治が過度に影響を受けること)には否定的です。今回の調査にしても理念や実態がまだ見えてこないものに対する期待を聞いてどうするのでしょう。

田添さんご指摘の点ですが、仮に民進党が政権を獲得した場合には民進党の議席数が増加し、共産党の議席数の比率は低くなるのではないかと思います。現に鳩山政権成立時の総選挙(2009年)では民主党が308、自民党が119です。なので、現在の議席数の関係をもって語るのはやや微妙かと。

私は民進党支持者でも共産党支持者でもないですが、民進党に求められているのは共産党と組んででもしたたかに政権を握る姿勢なんじゃないかと思います。
株式会社朝日新聞社(あさひしんぶんしゃ、英語:The Asahi Shimbun Company)は、全国紙『朝日新聞』を発行する日本の新聞社である。新聞以外に雑誌・書籍の出版や芸術作品の展示・公演、スポーツ大会の開催などの事業活動も行う。 ウィキペディア