新着Pick
186Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「私は必要とされている」と考えるのは本当に危険だと思います。はっきり言ってほとんどのケースで、その人がいなくなっても仕事は回ります。一時的に混乱はするかもしれないけど。

だっていつ何時その人が事故にあって一か月仕事できなくなるか分からないんですよ。その人が止めて死亡する組織は健全ではありません。

そもそも自分がいつ消えても大丈夫なように仕事をルーチン化する、アーカイブを残しておくというのがデキる人がやっていることだと思います。

ただ記事にある「そこまで悪くない」という考えは大事だと思いますよ。隣の芝生は青く見えるので、一度思いとどまるのが良いと思います。
辞められない人は辞めたくない人ってことでしょ
私たちの職種は「その日の担当コースの件数のこと」しか考えない、ある意味日々完結業務なので、どんなに惜しまれて辞めていった同僚でも、どんなに長年一緒に仕事してきたイイ人!でも、次の日にはあっという間に忘れ去られています(あ?そんな人いたっけ?という光景を何回も見ていますから(笑))