新着Pick
530Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政治的にはもっと複雑なのですが、分かりやすさ重視のために簡便化してご説明しました。

意見が対立していますが、どの派閥も自分達の施策がビットコインエコシステムがより良くなる方法であると信じています。ビットコインを発明した後すぐにナカモトサトシが姿を消してしまい今日の論争にいたるのは、まさに聖典解釈に似ていると感じるのは私だけでしょうか?

さて、ブロックチェーンが分岐(分裂)をするということに対して、不安感がある人が多いと思います。ビットコインはどうなってしまうのか?一番のリスクは、顧客の資産がなくなってしまうことかと思います。この対策は大きく2つあります。

1)プロトコルにReplay Attack防止策を入れること。
2)取引所が独自にReplay Attack防止策を入れること。


1)の方が安全で簡単ですが、プロトコルを変更できるのは開発者で、ここでも対立しています。Replay Attack防止策を入れることは自分たちが支持する「ビットコイン」が主流でないと認めることになりかねないからです。

そうなると2)ですが、これは取引所の技術力に依存しています。対応できないとなると問題です。今でも前回の分岐で生まれたコインが顧客資産として認識されない等のトラブルがあるそうです。

ビットフライヤーではいずれのケースも対応しており、顧客資産を安全に送付・保管することが可能です。


分岐に関して、詳しくはJBAで説明しております。
http://jba-web.jp/archives/20170722bitcoin_statement


騒動が一段落して、セカンドレイヤーと言った次世代の技術に注力できると良いですね。
ビットコインにまたもや「再分裂」が迫っています。本家ビットコイン、ビットコインキャッシュに続く、第3のビットコインが生まれる可能性があります。そのシナリオや背景を、日本有数のビットコインの取引所を経営する、ビットフライヤーの加納祐三さんにとことん解説してもらいました。

そもそも、ビットコインの分裂とは何か。だれが分裂を起こしているのか。背景にある問題は何か。そして、ビットコインを保有している人たちにとって、それはどのような影響があるのかーー。

ビットコインを優しくかみくだいた、素晴らしいデザインや図説も多様して、多くの人がわかるようで、わかっていない分裂騒動を解き明かします。ビットコイン分裂騒動の、決定版といえるでしょう。
分裂について、背景含めてわかりやすい解説記事!
ちなみに分裂前はビットコインは2700ドル前後、今は3676ドルと+36%、ビットコインキャッシュは産まれたタイミングで270ドル、現在445.9ドルと+65%。
分裂した二つの値動きの乖離がなぜ起こっているのかは、色々考えてみたい。
ビットコインの分裂についての解説が分かりやすい。NP編集部にはいずれサトシ・ナカモトの正体に迫って欲しい。もし日本人だとしたら、日本人ではまだ未踏のノーベル経済学賞を受賞するかもしれない。
いままで見たことがないレベルでかなりわかりやすい解説でした。

11月の分裂の際にさらに加熱しそうですね。

いまビットコイン持っているひとはアーリーアダプターだったり、FX的なものが好きな方でしょうが、テクノロジーが進み、誰でも使える安心、信頼できるものになると良いですね。

現金、カード、スマホ、スイカ、様々なものを持ち歩いておりますし、海外送金も高くて困りますし。

その時間軸がどれほどなのかわかりませんが、いままで興味を持たなかった方々からもビットコインやってるか?聞かれるようになってきました
図解もあって、ビットコインを学ぶには最適な教科書!
投機の対象でしかなく、通貨としての価値が残念ながら無い今に興味はないなー。
もっと早くに買っていたらそんなこと言っていなかっただろうけどw
超保存版。めちゃくちゃわかりやすい。
この連載について
ビットコインを中心とする、仮想通貨への熱狂がいよいよ高まっている。2008年に正体不明の「サトシ・ナカモト」が生み出したビットコインは、その思想からテクノロジー、投資熱が絡まり合いながら、いよいよリアルな世界を塗り替えようとしている。その最新現場をレポートする。