新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

379Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本は電気代が高い(1kWh で20円前後)ので、マイニングはほぼ採算があいません。中国は数円で、しかも盗電している会社もあると聞きます。


【マイニングの仕組み】

マイニング(業界用語で「掘る」とも言います。)の計算はHash関数(一方向関数)といって、ある文字を入力すると、出力文字列がバラバラになってでてくる関数を使用しています。出力が予想できないのがミソです。そして出力がたまたまゾロ目(例えば00000000000000abc)になると当たりで、今だと約500万円のビットコインがもらえます。ただし、ゾロ目を当てるのは至難の技で、入力を総当りで行う方法しかありません。


【スピード競争】

さて、ビットコインのマイニングは昔はCPUで可能でした。しかし、Difficulty(採掘の難易度)が上がるに連れて、CPUではなくGPU(ビデオカード)でしか効率的にマイニングができなくなりました。なぜなら、単純計算であるならCPUよりGPUの方が10倍以上計算が速いからです。それが更に進化して、ASIC機というHash計算の専用機が生まれました。世の中のマイナー達(マイニングを行う人達)は、このASIC機を数多く並べてマイニングしています。

次にASIC機のスピード競争がはじまり、回路の幅を小さくする競争になりました。これはCPUでも同様ですが、チップに印刷されている電子の通り道である回路が狭いほど、効率的な計算ができます。最新版は7nmで近日中に世の中に出回るとの噂です。


【マイニングのリスク】

・ビットコイン価格下落リスク。当然、収益力が落ちます。
・Difficulty(難易度)上昇リスク。マイナーはマイナー同士で競争しています。新規参入が増えるとDifficultyが上昇して、当たる確率が下がります。
・収益が電気代に大きく依存しているので、電気代上昇リスク。
・Hashアルゴリズム変更リスク。現状はSHA256であるが別のアルゴリズムに変更されると同じASICが使えなくなります。
・ハードフォーク等によるブロックチェーン分岐リスク。分岐したコインが掘れなくなるリスク。


【ビットコイン用語集】

こちらも御覧ください。
https://bitflyer.jp/Glossary/Index
アイスランドおすすめよ
企業としての経済性としては、シンプルだが良いバランスだと感じた。委託採掘が特にサービスとして前払いであれば、資金繰りは楽になる。
採掘したBTCと電力代・マシン代のバランスでは利鞘は相当に大きそう。一定の資金回収が委託採掘で担保されているなら、あとは余剰資金分だけ専用マシンを作ればよい。一番利鞘が高いのは自社採掘だろうから、資金バランスを見ながら、余裕があるときは委託採掘やマシン外販を抑えることも可能なのではないか。

ちなみに4万キロワットという発電能力は、ググってみると大体六本木ヒルズの発電能力と一緒。
https://www.mori.co.jp/morinow/2011/05/20110512160000002184.html

にしても、ゴールドラッシュより錬金術と感じる…逆に言うと、AmazonだったりGoogleだったり、DCキャパを持っている企業が経済力を武器に入ってきたら、一たまりもないようにも思う。逆にこれらの企業が様々な要因で実質的に入ってこないから、成り立つ領域で、そのリスクの対価とも言えるのかもしれない。
洋楽マニアで知られた故大瀧詠一さんは、「洋楽の音と日本の音との違いは電気」という持論を持っており、音楽を電圧の違うアメ車の中で聴いていたというエピソードは有名です。

そっか電気って重要なんだと思ったことがありますが、「採掘」にも大量の電気。値段は日本より圧倒的に安い中国が有利なのはなるほどなと思いました。

因みに中国、電気のクオリティ(?)はどうなんでしょうか。大瀧詠一さんならケーブルを通しての音色で電気の原産国を当ててしまいそうな気がしますが(笑)。
洗練された仕組みの裏側にこうした泥臭い仕事があるわけですね。そのギャップがとても面白い。
PCクラスターの仕様がすごい。大規模数値シミュレーションをする研究者にとっては垂涎ものの設備だろう。ビットコインのマイニング専用というのが残念だが、意外なところからPCクラスタリングやスーパーコンピュティングの技術の発展が望めそう。
採掘するコインはどう決めるんだろうか、、
蟻をモチーフにしているのが、うまいですね。
日本でのマイニングは、高額な電気代という要因に悪影響を受けます。発掘者が力を持つのか、取引所が力を持つのか、決済の利活用者が力を持つのか、何処かが力を持ちすぎることなく、バランスが取れていることが望ましいのです。中国が仮想通貨の取引所を停止するという報道もある。まだ、まだ、過渡期だからこそ、ベンチャー企業が暴れられる。
#福田峰之#仮想通貨#ビットコイン
採掘って表現するんや、、、
この連載について
ビットコインを中心とする、仮想通貨への熱狂がいよいよ高まっている。2008年に正体不明の「サトシ・ナカモト」が生み出したビットコインは、その思想からテクノロジー、投資熱が絡まり合いながら、いよいよリアルな世界を塗り替えようとしている。その最新現場をレポートする。
GMOインターネット株式会社(ジーエムオーインターネット、GMO Internet, Inc.)は、インターネット関連事業を行う東証1部上場企業で、GMOインターネットグループの持株会社でもある。本社は東京都渋谷区桜丘町のセルリアンタワー内に所在する。 ウィキペディア
時価総額
1,714 億円

業績

株式会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム、英語: DMM.com Co.,Ltd)は、ECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業。 ウィキペディア