新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

757Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「自分とは何なのか」の答が先入観では見付からないなら「これが私か」と後味に問います。その答が充実感なら理想の自分(夢)や本当の自分(愛)に近付けた証拠で、その答が後悔ならそれらから離れた証拠です。

もしも「これが私か」の答が否=後悔ならば「私なら今どうするか」と自問しその答を実践することです。たったそれだけで夢と愛に溢れる悔いなき人生となるはずです。
そもそも健康って何?という問いから。

1946年に遡るとWHOは健康を下記のように定義しています。

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが
満たされた状態。」

また、健康づくりのためのオタワ憲章では、健康を達成するための前提条件として「平和」「住居」「教育」「食糧」「収入」「安定した環境」「持続可能な資源」「社会的公正と公平」が挙げられており、これらの条件は「健康の社会的決定要因」としてまとめられています。

以上のことを前提として、経済的に豊かになり個人主義が成熟してきた現在においては、「肉体的側面」はもちろんですがそれ以上に「精神的側面」「社会的側面」の重要性が高まってきています。

それを言葉で表すとすればQOL(Quality of Life=生活の質)だとか生活満足度だとか主観的健康感だとかになるのでしょうし、更に噛み砕けば「個人がその個人のハッピーを考える」という正に石川さんが仰る「どんな人生にしたいか?」を考えることが健康を考える第一歩とも言えそうです。

例えば私の人生観は「ENJOY」がキーワードで、それが発展して「I'm enjoying my life, So please enjoy your life.」となり、大体その軸を中心に数々の選択をしてきたように思います。

なので自動的に仕事観は「So please enjoy your life.」に関わることとなり、その手段として今は産業医を主に生業としているのかと。

人生観があってこその例えば仕事観がないと、仕事の奴隷になりますので。

一方、人生観に従い明日のことなど考えずグリーンカレーを5辛などで食べてしまい、案の定その翌日は腹痛に襲われ産業医面談の合間に何回もトイレに駆け込んでは「保健指導を行う身でありながらオレは何をやっているんだ」と自問自答してしまう日が年に幾度かあるわけですが。

でもこれだって主観的には健康、つまりハッピーだったりするわけですね。

ただ、おかげさまで客観的に健康とは言えない体型になりつつあるので「肉体的側面」の観点から走らなきゃともなるわけですが(笑)

疾病はもちろん予防しないとなのですが、健康って少なくとも今の私にとってはそんなもので、そして人それぞれで良いのだと思います。
新コーナー「スマート・ライフ」の新連載「石川善樹のウェルビーイング」が始まりました。「健康づくりはHOWよりもWHYを問うことが重要」。さすが石川さん、薄っぺらいノウハウなんか語らず、いきなり人生観から入ります。
石川先生の本質を見通す力にはいつも感銘を受けています。

>人生観が変わるとはどういうことかというと、プライオリティーが変わるってことです。

5, 60代、ビジネスマン、ややメタボ体型、バイタリティあふれた方が、心筋梗塞で倒れ(場合によっては心停止)→緊急心臓カテーテル検査→一命を取り留める→冠動脈バイパス手術…そして、人生観が変わる。。。というケースは決して少なくありません。

5000ドルでこうなる前に人生観が変わり、スマート・ライフへ舵を切れるのであればちっとも高くないと思います。私も50歳が見える年齢となり患者さんの人生を通してプライオリティが変わってきました。毎日ではないですが朝4時半から6時前までジムでトレーニングをして7時に出勤、9時から開心術(心臓オペ)という生活を送っています。
精神科でも同じで、健康が目的になっている人や、「健康になれば他のものもうまくいく」と思っている人は治りが遅いです。

何かしたいことがあって、そのために健康が必要な人は治りが早い、

だからこそ、何がしたいかを探っていくことが治療の半分以上を占めていると言っても過言ではありません。

けれども、記事であるようにWHYには正解はありません。
一人一人違います。

自分でどう考えていくか、どう気づいていくかです。

とても難しい問いですが、少しでもその時間をとることからではないでしょうか。
石川善樹さんのコメントにはいつもハッとさせられます。
「なぜ自分は健康にならなければいけないのか?」HowはあってもWhyを考えることはありませんでした。

出張と自分の異動が重なりこの2ヶ月ほどアメリカ、日本、フィリピンにてホテル暮らしをしています。早朝Gymでトレーニングしているのは、大抵白人のエグゼクティブと思われる人たち。毎日続く会食、お腹が出るとスーツをかっこよく着こなせなくなる、体が鈍ると考えが鈍る、など仕事の文脈で健康をとらえているのでしょう。飛行機の時差ボケ対策もそうですね。すべては出張先で最大のパフォーマンスを出すためです。

病気にならない健康もさながら、体調がよい状態をキープする健康も大切ですね。
今週末は久々に休めるので、肉体的にも、精神的にものんびりします。体重は、ちょっと怖くて測れません(笑)
優れたリーダーはwhyから始める。
why→how→whatの順番でストーリーをつくる。
セルフリーダーシップでも同じことが言えるということ。

参考TED:サイモン シネック 優れたリーダーはどうやって行動を促すか https://www.ted.com/talks/simon_sinek_how_great_leaders_inspire_action/up-next?language=ja
石川善樹さんの問いの立て方がすばらしい。
 なぜ健康にならなければならないかを知ることが重要という。
 これを発展させると、より重要な問いは「なぜ幸せにならなければいけないか」を知ることかもしれない。これは、我々にとって永遠の問いだ。
石川さんの話はいつも本質的。健康を考えることは、人生を考えることとイコール。5000ドルセミナー、興味深いです。
石川さんのおかげで5000ドル払わないで済んだ(笑)、は半分だけ冗談として、昔からの祖父の教え、「体が資本」の意味を最近感じる今日この頃。

実働時間は20台前半のコンサルペーペー時代より増えるくらいですが、気持ち的にはめっちゃ楽でいつも楽しい。

やっぱ、人生楽しむ、を前提とした文脈の中の一要素として仕事を置いているからなんでしょうかね。

結果、どうやったら健康になるか、ってことを考えるストレスから解放された気がします。

続編が楽しみ。
この連載について
人生100年時代を生き抜くベースとなるのは「スマート・ライフ」。ビジネスパーソンがより良く、楽しく、健康的な毎日を送るための「新時代の自己啓発」を紹介する。