新着Pick
399Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイトルで煽られますが是非一読をお勧めします。
先日来から続いている話題とも関係しますが、GoogleのAI技術を使ったスピーカーがなぜあの状態では厳しかろうと思われるのか、その背景と今後の成り行きを裏付けるかのような記事です。スマートスピーカーは早晩日本企業がハードウェア販売モデルとしてやっていくのは難しくなりますね。
うーん、理想論に思う。
4ページ目の結論の発想の転換をできるのか、ハードウェアの再定義のためのソフトウェアがあれば真似(シャオミニゼーション)を防げるのか、個人的には疑義。

根本的には真似(シャオミニゼーション)をされると勝ち抜けないスピードにある。そこに向き合わなければ、そもそも規模でどんどん負けて、記事にあるように知見蓄積でも負けていく。
そのなかで、リソースを集中して強いところに取り組むべきというのも分かる。ただ、大部分の電子機器メーカーにとっては、今他社が取り組む中でAIスピーカーでなくてもいいが、音声認識に取り組まないというのはあまりオプションとしてないと思う。

ただ、音声認識をできることが価値なのではなく、音声認識をつかって便利になることが価値。
すでにSiriとかがあるのになぜそこまで使われないのか(便利さを阻害しているのは何なのか?技術なのか、エコシステム的な他サービスとのシームレスな接続なのか、メンタルモデルなのか含めて)、そっちが重要で、音声認識を使うことを目的化するのは違うと思う。
スピーカーに「パルプンテ!」って話しても何も起こらなかった。
安さは武器だが、長期的にはそれだけでは駄目という事も、シャオミニゼーションは証明している。
音声認識AIを通して何が出来るか、この知見を得る為に、AIスピーカーに取り組むべきだと思います。音響メーカーにとって、生命線とも言える分野を中国企業の存在があるからと、諦めてしまうのは、存在意義を否定するようなもの。

人が生活する上で音声情報は欠かせません。自動運転もAIも、音に関する情報が全然足りていない。周囲の音から情報も利用する事で、様々な機器の認識精度を向上出来るのではないだろうか。
今週、参加したHuawei ConmectもAIは大きな話題になってました。それを使ってどうするか、というソリューションの議論が大変興味深かったです。また、中国のAIスタートアップも登壇して話していたHuaweiとのコラボレーションの話も面白かったですね。内容は機会を見て記事で出していきます。
結論部は少し現実離れした大上段からの俯瞰が過ぎますが、感情論を極力排除した、AIスピーカー周りの全体感を捉えた記事だと感じます。

学生時代ポケベルをタッチせずPHSを持ち、社会人当初は日本がデスクトップPCに特化したせいでスマホ先行の新興国に追い抜かれた頃にウェブサービスに関わっていた世代の私としては、コピーキャット云々というレトリック自体が、現実を直視する眼を曇らせるのではないかと懸念します。歴史はただ繰り返しているだけで、タイミングイズエブリシングです。ターンを得た中国がかつての日本のように、量だけでなく品質も超えていく事は自明です。

そして、現実を直視すると冷静な勝ち筋が検討できます。
弊社グラフは事業実装に実績のある機械学習開発がコアコンピタンスですが、もちろん音声解析とテキストマイニングに集中しています。

日本語は英語に比べ、テキストマイニングの難易度がはるかに高いです。アルファベットが26文字に対して、日本語は漢字を入れて常用のみで3000字超の組み合わせ。極め付けはプログラムに読ませる時に必須の文字間スペースも、英語にはありますが日本語にはありません。
さらに残念なことに、日本語は英語に比べ、マーケットがはるかに小さい。つまり費用対効果が悪い言語なのです。

テキストマイニングの段階でこの有様なのに、AIスピーカーになったら手も足もでないでしょうか。中国のようなマーケットが無ければ、日本語は問題解決する価値が無いのでしょうか。弊社はそうは考えていません。これを機会と捉えています。皆様に質問です。書き文字だと頭に入って来なかったものが、人に話して貰うと頭に入った経験は無いでしょうか。これがグラフの注力している特化型アルゴリズムのアイデアです。

せっかく時代に居合わせたのですから、今後が楽しみなAIスピーカーの趨勢を、皆様と一緒に、体験ごと楽しんでいきたいと思います。
ヒントはこれなんだろうな。具体的にはいろいろやってみるしかない。単にGoogleのスピーカーを作ってる場合ではないか『これまでハードウェア製品だけに関わってきたドメインエキスパートも、「ソフトウェアでハードウェアのコモディティ化を防ぐ、あるいはソフトウェアによってハードウェアを再定義する」という考え方への発想の転換が求められます。』
「ソフトウェアでハードウェアのコモディティ化を防ぐ、あるいはソフトウェアによってハードウェアを再定義する」ためにAIを応用する。その方向だと思います。
普通そう思う。日本を代表するする企業の優秀な人たちなら当たり前のように知っている話。
それでもやっているということは、なんかミラクルビジネスモデルの構想があるに違いない。と信じたい
日本は現役世代よりも、ご高齢の方をターゲットに絞ってやっていく方が良いかもしれませんね。