新着Pick
1159Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
転職は、自分の「市場価値」と「転職先の社風」、そして何より、新しい仕事が「面白そう」かどうかで決めればいいと思います。お金で決めてはいけません。将来「お金」は取り返せますが「時間」は取り返せません。
別にこの転職コンサルタントが本人の人生に責任持ってくれるわけじゃないから、こんなの気にしなくていいと思いますよ。特に、人間関係とかでやめたい人は我慢なんかしない方がいいです。
あと転職したいのか転社したいのかっていう点は重要ですけどね。
私が転職したときの状況は、冷静になって考えてみれば、記事が指摘する転職すべきでない理由上位2つに該当します。
しかもやめた企業は、一部上場の名の通った製造事業者。
コンサルタントに相談していたら、おそらく思いとどまるように説得されていたことでしょう。
結局、自分のことなんて誰しも冷静に分析できないし、できたところで転職先で成功するとは限らない。また、転職先で成功するには、能力だけではなく、運も必要。
何が正しかったかなんて、後になってわかることだろうし、そんなことを心配して動けなくなるくらいだったら、とりあえず動いてみるのも手だと思う。
「自分の会社でしか役に立たないスキル・人脈」しか持ってない方は転職しない方がいいでしょう。そんな汎用性の無いスキルしか培ってこなかった戦略ミスです
転職活動をすることは悪くないとおもいますが、次の仕事での適切や解決したい課題、熱意を持ってその仕事ができるのかのようなことは考えて決めた方がいいと思う。
転職するしないにかかわらず、自分のことを他の人の手に委ねて自分自身で決断しないことが、後に最も禍根を残すと思います。仮に自分の決断が誤ったと後悔することがあったとしても、それは次に生かす材料になりますが、決断を自分自身でしない限りその後悔は生かされずに決断を委ねた人に対する恨みつらみという何にも繋がらないものに囚われることになりますから。
転職は誰かに決められてやるものではないので、最後は自分が決めたんだと言えるかどうか。
実際に転職をするか否かは別として、転職活動は是非お勧めします。

なんと言っても、自分の市場価値を把握することが出来ます。
足りない面を指摘されることもあるでしょう。

自分自身を武装する意味で、活動をやってみてはいかがでしょう?

もっとも、バレるとまずい職場の場合は、慎重さが必要です。
ノリで3回ほど会社を変えてるけど、変えた判断自体を失敗と思ったことは一度もないなぁ。
私はしのごの考えずドンドン転職すればよいと思う。自分の価値の高さに無自覚な人は社内でいくらフィードバックしても勘違いは絶対治らない。外にでて始めて現実を知るし、青い鳥を探し続け自分の市場価値が毀損することに始めて気づく。
つまり、失敗を自覚してこそ自分を客観視できる唯一の手段だから