新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

679Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
育成できる能力と育成できない能力。育成できない能力を採用で見極めるべきというのはそうですね。ちなみにこの考え方は多くの企業の採用設計で浸透していると思います。先日も多くの採用担当者と交流する機会がありましたが、この点は同じ認識でした。

でも面白かったのは、「何が育成可能か」の観点が会社によって違いました。人柄は育成可能とする会社、地頭は育成可能とする会社。このあたりは結構感覚(経験則)に近い気がしますが、もっと科学的にPDCAを回していきたいです。

ちなみに弊社の場合クリエイティビティが重要で、これは育成しづらい能力と捉えているため採用時点で見極めます。
なおクリエイティビティ(発想転換能力と呼んでいる)はペーパーテストや面接で見極めるのが非常に難しい能力とも定義しています。なので採用のなかで評価したいが、手法はいつも試行錯誤です。

蛇足ですがもう一点。
>若手のうちからクリエイティブなお笑いネタを生み出す人は、その後もずっと伸びているそうです。<
お笑いについて興味深いことをいっている方がいました。お笑いというのはとてもセンスが必要でクリエイティビティが必要なもの。これに異を唱える人はあまりいないと思いますが、お笑いを科学して「どうすれば面白いか」を育成することをやったのが吉本。で、吉本(だけではないが)によって多くのお笑い芸人が毎年排出されているのも事実。なるほど。
この回の連載を見ていると、やや大喜利と化している(「自分を食べ物に例えると?」的な)日本の新卒面接の次元は果たして大丈夫なのかという思いを抱いていましたが、大喜利自体が駄目というわけではなく、その「機転の良さ」に着目するならアリ、ということになるのでしょうか。
 いずれにせよ巷で言われているコミュニケーション能力は日本の新卒就職活動では「巧く誤魔化す力」と置換できそうな印象をずっと抱いていました。記事中の岡本太郎先生の例のように、巧く伝える力を持っていなくても能力的に卓越した人材も間違いなく存在すると思う故、やはり誰もが反論できない高いコミュニケーション能力という正論を盾に思考停止してしまうことの危うさはあると考えます。
新卒、中途のどちらも担当ですが、新卒は必ず短期インターンをさせていて、一番見るのは知的な粘り強さです。その意味で記事にあげられている「変わらないスキル」を見に行ってるので、間違ってなかった、と感じます。また、学生時代にリーダー経験を積んだ人の方が、「部下を鼓舞する力」が備わった人の確率が高いと思っているのでその辺りは重視して育成がしまいます
一方、難しいのは中途。
インターンをやらせるわけにもいかないし、コミュニケーション力は社会人経験で鍛えられていたりもするので、中々判別が難しいな、と感じてしまいます
1番変えるのが難しいのは「倫理観」や「価値観」ですね。これだけは10年単位で時間をもらっても変えられないかもしれない。価値観は多様性があるほうがマネジメントは難しいですが、長い目で見ると強いので、変わらない方がいいのですが、倫理観がズレてると悲劇を生む可能性が高い。
昔、勝負強さから選手を選ぶって言ってたコーチがいて理由は"技術は後で変えられるから"だった。勝負強さが変えにくい印象は確かにある。
社内教育で変わる(向上する)能力と変わらない(向上しない)能力があるということを人事や面接官、上司が認識すると採用は変わるのではないでしょうか? つまり「変わらない」能力で自社やその仕事に、重要な能力は何かを見定めて、その人物がその能力を保有しているかを確認するーー。

「非常にかわりにくい」能力は、編集・記者の仕事をしていると、大変納得する内容で、目からウロコでした。

是非お読みください。
大事な視点ですね。コミュニケーション能力が大事と言われていますが、短期間に育成できることに多くの企業は気がつくべきです。採用で何を重視すべきかを科学的に考えられるかどうかで、会社の将来が決まるのですから。
何が変わりやすく、何が変わりやすい・変わりにくいかという表が、とても参考になる。
端的に言えば、性格的なものはより変わりにくく、スキル的なものは変わりやすい。でも変わりにくいと思っているものでも、ストレスマネジメントは記事に書かれているように、把握することで対処可能なものかもしれない(リスク志向性も個人的には同じように思う)。
採用で見るべき能力と、育成で伸ばすべき能力を分類して人事戦略に落とし込むことの必要性を再確認できました。

そろそろフィーリング人事の域は脱しないとな。
服部先生の著書を読んでいることもあり、色々とスッと入ってきます。

物議を醸した下記記事と一緒に読むとさらに理解が深まるかもしれませんね。

https://newspicks.com/news/2278756/

医学の世界でも、疾病に陥る要因は遺伝子によるものと環境によるもののグラデーションです。

言い換えれば、今の私達は遺伝子と今日まで生きてきた環境で形成されていると言っても過言ではありません。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。