新着Pick
180Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
小さい頃、大学付属校の存在は「受験せずに大学に入学できるのは、ずるいし、意味のない制度だ」と思っていました。

その後、「こんなラッキーで都合の良い制度はない」と思い直し、とある大学付属校(系属校)に入学。人生で初めて既得権に浸ります。

10数年のビジネスの経験を経て、付属校の存在意義につき、自分なりに理解を深めました。
・大学にとり、①校風に合いロイヤリティの高い学生を集めること、②獲得する学生の多様性を高めることが、大きなメリット。
・受験で入学する学生にもメリットがあります。すなわち、(学力が足りず入試に合格できない)金持ち/良家の子弟、スポーツ/芸術などで一芸に秀でた学生が同級生になることで、交友の幅や視野が広がります。また、人生の早い段階で”社会とは、裏口/バイパスやコネだらけ”と知ることで、後の人生観/仕事観が変わります。

なお、フェアな競争がありそうな米国でも、レガシー(Legacy Preferences)という、卒業生(寄付を多くした人)の子弟への入学優遇制度があります。アイビー・リーグでも入学生のうち10-30%はレガシー枠と聞いたことがあります
競争が向いているか向いていないかはかなり遺伝的に決まっているので、単純に競争をなくすことがパフォーマンスの向上につながると短絡的に考えすぎない方がよいかなと思います。ざっくりおよそ半分の人は競争を入れた方がパフォーマンスはあがります。

もちろん競争にも色々あります。ベストなのは「あと少しで勝てる」と信じられることですが、必ずしもそうでなくても頑張れる状況もあります。

後天的に競争に対する耐性が変わる可能性ももちろんあります。出生時の体重や、幼少期の経験が影響しているとする説もありますね。
確か、明大明治は明治大学への推薦資格を保持したまま国立大学を受験することができるので、そこも人気だと思います。また付属校のいいところは、大学受験がない分、高校の段階から公認会計士とかいろいろな資格の勉強等ができるところがあると思います。
生憎の雨模様でしたが、また10分という限られた尺のなかではありますが、J-waveの「STEP ONE」の「PICK ONE」のコーナーで先日NewsPicks内でも関心の集まった、オリジナルコンテンツを紹介してきました。

人口減少が不可避で、すぐ近くで大国中国が競争を取り入れて台頭するなか、必然的に別の、しかし従来と同様かそれ以上の成果をあげられる手法の探索が、多くの分野で求められています。

教育にとどまらず、示唆に富む記事ではないでしょうか。
「競争型にするとできる子とできない子の序列が固定化されてしまいがち」

これすごく分かります。
特進クラスなどを設けると、それには入れなかった子達は、授業の内容も下位レベルに合わせた内容になりますから、なかなか逆転で特進クラスに上がることができない。
特進クラスに最初に入った子達のモチベーションは上がりますが、入れなかったこのたちのモチベーションは下がり、全体で見たときのレベルとしては下がりがちです(経験談)。
特進クラスという発想、野球部経験者だと分かるのではないでしょうか。昔の野球部では、ベンチに入る十数名のエリートを優先的に鍛え、あとはバッティング練習の機会さえ与えられない選手たちもいました(昔の話です)。
しかし、受験の場合、ほぼ全員が大学を受けるのですから、一部を鍛えて、東大○○人といっても、残りが総崩れでは、意味がありません。最近の親御さんたちの目は厳しいです。
競争をすべて排除しろとは言いませんが、明治のやり方はいいと思います。
明治は、最近大学の評価も上がっているようですしね。
競争より周囲との協力を重んじる、というのはとても大切な教育ポイントだと思います。周囲と競争させると、足は引っ張り合い、セコい手も使い、心が荒みます。大人になっても誰かと比較し続けるなんて嫌ですよね。

地元で学年順位を張り出す学校がありましたが、絶対に行くものかと思いました。私の高校は、定期テストは学年順位すら出ず、通知表にこっそりクラス順位が出る程度でした。その頃、相手より自分と対峙する重要性を教えてくれた剣道が好きでした。

周りと自分を比較し、優越感または劣等感を感じるのは愚かなことです。周囲は競争するものではなく、協力し合い、助け合い、教え合う仲間です。これにより個の力は抜群に伸びていきます。お互い認め合い、信頼し合うことで、チーム力が発揮されるのに、誰が競争心の強い人と一緒に働きたいと思うでしょう。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア