新着Pick
400Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
戸建住宅では、すでに「エアー断震」という同じような仕組みのものがありますね。停電する可能性があるのでバッテリーと一緒に設置しなければなりませんが、費用は免震住宅よりも安く上がるということで注目されている様式のようです。
縦揺れがどこまで減らせるのかと思っていましたが、10分の1にまで減らせるとなれば、大地震が来てもコップの水がこぼれない、を実現できるかもしれませんね。
そのほか昨今では磁気浮上型の免震装置も研究されているようで、建物の特性にあった合理的な免震装置の普及に期待したいところです。

地震対策としては、以前は生命の保護を第一に考える姿勢で開発が進んでいましたが、今はすでに地震を当然のものとして、さらに建物その他の財産も守れるような地震対策にレベルアップしたような印象を受けます。
これは、原理としてはエアーホッケーと一緒なのではないだろうか。ただ、ビルを持ち上げるには相当な空気量を相当に狭い穴から出さないと、必要な浮力が生まれないと思う。穴に対してすごい力が働きそうで、その素材・加工とかがキーになりそうに思う(今回の規模でも毎分800リットル)。
谷村さんがコメントされているように、直感的には縦揺れに弱そうに思ったが、これも1/10であるのは興味深い。ただ、わずかな隙間(100分の6ミリ)でどうしてこれだけ縦揺れ抑えられているのだろう。
確かに、空気というのは最強のバッファーなのかもしれません。

問題は、停電して空気が出なくなった時でしょう。
そういう点では、液体の方が優れているかもしれません。
あまりしっかりと見れませんでしたが、昨日のNHKスペシャル、メガクライシスで紹介されていた内容ですね。
最近、タワマンで一般的な「免震」構造は、長周期パルスには耐えられたい可能性があるとのことで、先の熊本地震でもあるマンションでは設計上の上限に達していたとのこと。
活断層が直下にある大阪湾岸(上町断層)が特に危険らしいのでお気をつけください。
記事はそれを回避する新技術とのことですが、これが実用化し、新しい建物にビルトインされるのは数十年の月日が必要ですね
これと全く同じのがニコンの露光機、FPD向け、先日の工場見学会で見た。凄いスピードで、大きな数m四方の重そうな定盤が、動いているのはビックリ。
凄いぞ地震先進国日本
新しい免震技術が生まれそうとのこと
すでに実績ある技術みたいだし、それを如何にスケールするか

ところで10分の1って震度7がいくつくらいに感じるレベル?
いまいちわからぬ

こういう技術の秘密を保ちつつ、世界に輸出できるといいね
すげぇなあ
実際に商品化されればすごい。耐震に新たな選択肢ができる。
リニアモーターみたいに磁石じゃダメなのかな。
地震国がゆえに生み出される驚異的なテクノロジーの進化。
素晴らしいです。