新着Pick
363Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は、自動運転および運転支援に関するメーカー動向、ダイナミックマップ、通信インフラを中心に、要点をまとめました。

自動運転のレベル分けも改訂され、先日は、国内において走行する難易度に応じた道路のレベル分けを行うといった報道もありました。今後、市街地や地方の公共交通維持などを進めていくにあたり、今より細かい区分での議論も進んでいくとみられます。

一方で、今回は触れていませんが、排ガス規制やエネルギー消費などといった問題への対応がなくなるわけではありません。高度モビリティが発達した際には、自動車を何で動かすかも改めて重要な論点になると考えられます。新しい領域に取り組みながら、内燃機関の改善を含め、これまでの技術を保有し続けることができるかにも注目したいです。

【追記】
ご報告が遅くなっておりましたが、画像の誤植は2017/9/4に修正致しました。コメントでのご指摘ありがとうございました。
長文ではありますが、自動運転にあまり詳しくないという方にこそ読んでいただきたいです。
個人的には海外メーカーの協調・競争領域図が興味深いです。予想以上に協調分野が多い印象ですが、ある程度の規格統一が前提になるのは当然ではあるのでしょう。
気になるのは欧州共通部分が結局グローバル規格になるのかどうか。EV規格などでも攻防があったかと記憶していますが、各社かなり力を入れている分野だと思うので、日本勢が対抗できるか。
これは読み応えたっぷりの記事でした。

私はIT畑なのでどうしても自動運転のレベルアップ・事故防止の品質向上を中心に情報アンテナが行きがちなのですが、、

・センサ調達コスト低減
・地図データの基盤整備
・部品出荷額推移
・海外メーカーの動向
などに触れてあり、多角的な観点でのインプットとして参考になりました。

>これまで競争関係であった企業群とのつながりが一気に拡大していくなかで、協調のための最適な連携体制を作っていくことも、課題の1つとなるだろう。

まさにそうですね。今後の自動車産業に注目して行きたいと思います。
技術としての自動運転はサプライヤーをも巻き込んでどんどん進歩していきます。電動化も同様です。そうなるとブランド間の違いをどのように出していけば良いのか。異業種も巻き込んで各社の知恵と腕の見せ所ですね。普及にはしばらく時間がかかりますが、プレミアム車中心に競争はすでに佳境入りといっても良い状況です。頑張れ!ニッポン。
サイバーセキュリティは?
アメリカだと業界セキュリティ官民情報共有機関ができましたよ
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
23.0 兆円

業績

現在の社長は和田英将 ウィキペディア
時価総額
657 億円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社 (NTT) の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
8.71 兆円

業績