新着Pick
998Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
クマの被り物をした怪しい風貌。彼らが、今世界で1番聴かれている日本人アーティストだと聞くと、耳を疑うかもしれません。しかし、デビューから5ヶ月で、上半期世界で最も聴かれた日本人となり、ジャカルタでのライブでは、1万人規模のオーディエンスが熱狂する。

僕も、ジャカルタのライブに参加した際に、現地の人達が、AmPmの曲を大合唱している光景を見たときには、鳥肌が止まりませんでした。

明日と2回にわたって、この謎多きアーティスト「AmPm」へのインタビューを通じて、新時代のヒットの作り方について考えていきます。
最近、大手レコード会社の人たちと何度か話す機会があったのですが、みんなAmPmを知りませんでした。

日本の大手にいくと、「ヒットが出ない」「これまでやってたテレビも効かない」とか暗い話がどうしても多いんですが、いやいや、ヒントは全然違うところにあるんじゃないかと。

音楽の聞かれ方は、日本より、世界で一気に変化しています。AmPmの2人は、サブスクリプション時代ならではの実験をぶっ込みまくっていて、音楽性の追求と、きちんと数字の両方にこだわる姿勢が日本では新しく、その登場に、すごく興奮しました!

(ちなみに、お面は毎月更新しているらしいです!笑)
アーティスト兼プログラマーがスポティファイをハックしてマーケティングすることで秒速ヒット。スゴいなぁ。
音楽系は特にアーティストがプログラミングの素養を兼ねるようになってきたが、曲作りだけでなく、ビジネス展開にも直結している。
アート+サイエンス、ポップ&テックが「能力」としても重要になる兆しだと思います。

むかし少年ナイフが海外でヒットしたときは、塩化ビニルのレコードが米英のラジオで流れ、航空便のファンレターにせっせと返事を書いて投函していた。草の根で広がった点では同じでも、そのメディア手法やスピード感、おとぎ話のような違いがあります・・。
NewsPicksにAmPmのインタビューが。すごい!最近、少しずつ日本でも取り上げられることが増えて来ていますが、まだテレビなので名前を見るほどではない。すごく面白いインタビュー。それにしてもAmPM右、AmPm左っていうことになってるとは。

Best Part of Us
(Spotify) https://open.spotify.com/track/0t8zIi7cwdADvWmkIWE1sp
(Apple Music) https://itunes.apple.com/jp/album/best-part-of-us-feat-michael-kaneko/id1210258461?i=1210258467
ほとんどリスクを取らずとも、とりあえず簡単に世の中に作品を出してみて、アップサイドを狙うことが出来るが世界なんですね。

もちろん、音楽的な経験と知見の蓄積があったからこそだと思いますが、音楽で本気で食っていこうと思っていなかった人でも、一気にチャンスを掴む可能性がある。

ただ、もしも消費者はアーティストの生き様・哲学・狂気(こだわり)とかに共感するからこそ音楽を聴くのだとすれば、この記事の様に「売れるためのビジネス上の仕組み作り」の話を前面に出してしまうと、ヒットが長くは続かないかもしれないと思いました。

コンテンツを世の中でヒットさせるための条件として、「ネット上でランキング上位に表示されるアルゴリズムを解明すること」がどれだけの持続的な競争優位性をもたらしてくれるのか、興味があります。
ビジネスとして見れば、めちゃくちゃおもしろい。ただしマスにヒットするエンタメは結局、人の反応パターンの徹底解析に依存、収斂すると思うとあまり気持ちよくはない。
凄い。。スポティファイのソースコードまで見て分析する徹底ぶり。2人の正体が気になる。
物事の本質は変わらないけど、テクノロジーへの理解が差をうむということが必然だということをこうしたストーリーを読む度に思います。

ビジネスに当てはめれば、経営者の理解そのもので変わるということ。苦手だから任せてるという発言はよく聞きますが、それではエッジの効いた判断やスピードで優劣がついてしまう、まさしくそんな時代ですね。
やばい!やりたい!
検索が全てだった頃にGoogleのSEO対策をするためにアルゴリズムを理解しようとすることと同じですね。実があることが前提だと思いますが、そのうえで多くの人に知ってもらうためにマーケティングとしてプラトフォームのアルゴリズムを理解することはとても理にかなっていると思います。実際それをやるためには、音楽✖️エンジニアリングがないといけないですが、音楽もできてエンジニアリングも両方できるという才能がすごい。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。