新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日少し話題になりましたが、『「あくまで個人の感想です」と書いておけば体験談OKの時代は終了のお知らせ』という記事もあった。これからは、企業としてアフィリエイトで扱いにくいものも増えてきそう。

「あくまで個人の感想です」と書いておけば体験談OKの時代は終了のお知らせ
https://newspicks.com/news/2439476/
健康食品のアフィリエイトに関しては数年前からずっと、薬事法に引っかかる表現のアフィリエイター記事が多かったです。管理しきれない側面もあったと思いますが、小林製薬の実行により追随する企業も増えそうですね。
元々小林製薬にとって健食通販なんて大した売上比率じゃないからできる手段だね。
残念ながら、健食事業しかない零細企業からしたは、このチキンレースに参加せざるを得ない部分もある。なぜなら稼げたらそれで良いアホなASPとアフィリエイターによって、SEO上位を埋め尽くされてしまっているから。

アフィリエイト協議会も記事中ではまともな事言ってるが、実質放置状態で黙認してるのが実情。

零細企業でクソ真面目に商品作って、研究もしっかりすればするほど広告にまわせる予算はなくなります。
研究なんてせず、ほとんど有効な成分の入っていない原価率数%の詐欺みたいな商品がアフィリエイトで埋め尽くされモラルのない無茶苦茶な効果を謳って荒稼ぎしている状況はおかしいと思う。
信用できない広告を出して、損するのは結局広告主。
広告主がすべてのアフィリエイト広告の内容を把握するのは事実上不可能でしょう。
ステマなどもたくさんあると思いますよ。

健康食品のように薬機法に触れがちな商品は、アフィリエイト広告から撤退するしかないのかもしれません。
効果があるものは医薬品となります。それを理解した上で医薬部外品を利用するなら自己責任でいいと思います。
直接の効果ではなく、前向きに信じる気持ちやいい習慣作り程度ならプラスに働くでしょうし。
ただ信者のようになってしまった人は、損をします。本当に医療が必要な時にそれを放棄する人達が山ほどいます、自己責任ですでは片付けられない。
それに心が弱ってる時は何にでもすがりたくなるものです、ある程度効能効果の表示は法で縛っておくべき。
小林製薬株式会社(こばやしせいやく、Kobayashi Pharmaceutical Co., Ltd.)は、大阪市中央区道修町四丁目に本社を置く、医薬品と衛生雑貨(トイレタリー)の企画・製造・販売をおこなう日本の企業である。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。 ウィキペディア
時価総額
7,335 億円

業績