新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

457Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記に感銘!
服も同じで、ミシン目は直線のように見えて、実は真っ直ぐ縫わない方が着心地がいいものができあがるんですね。
なので、ある程度のレベルまでは機械でできるんですけど、綺麗に曲線を作ろうと思うと職人技が必要なんです。肩の部分は肩の形に沿って、布を寄せながら縫っていくんです。

感性工学の視点を取り入れているところが素晴らしい
製品やサービスに「感性」の要素を取り入れることにより、高度なものづくりを行うことのでき職人・生産システムを構築。素材から文化に至るまでの製品やサービスの開発全般に関わる情報、生理・心理、設計・デザイン等の各分野の知見を取り入れている。結果、生産技術で勝負できている!

先端繊維工学の視点を取り入れているところが素晴らしい
先進機能繊維や糸・布の製造方法、これらの機能の計測・評価方法までを体系づけた先進繊維工学を中心とした製法を実現。先進繊維工学を支える電気・電子工学、人間工学、計測工学やシステム工学を活用して、ものづくりとマーケティングを踏まえて国際的な視野で企画を立案し実行。結果、ニューヨークで勝負できている!

信州大学 先進繊維・感性工学分野の研究方針から考察
最近はシャツは個人的には鎌倉シャツか、オーダーメードのLa fabric。
しかし、記事にもあるように、職場でカジュアルな格好も増えているので、先進国では日本に限らずフォーマルウエアは総じて逆風なんですね。その中でアメリカで評価を得るというのは素晴らしいですねー
見据えてる先が大きいこと、飽くなき挑戦を年齢関係なく継続されていること、日本の良いところをもってアメリカ・世界で成功しようとしていること。

全てがかっこいいし、見習いたい。
"このマディソンアベニューのあたりで働く、マッドマンと呼ばれるエリートビジネスマンのうちの7%がターゲットだと言ったんです。"
ものすごく戦略的な感じがしますね。アメリカ人が好きそうな表現です。まさかのハッタリだとはw
ちなみにマッドマンはMADison Avenueで働く広告マンのことです。
品質に自信があるとハッタリをかますこともできる。
品質に自信がないのに、数字を積み上げて根拠を創り上げても人は動かない。

ニューヨーク進出時のブロガーとの会話内容は、鎌倉シャツの品質のこだわりを表したエピソードだと感じます。
ECありきとして、ニューヨークの出店があったんですね。この辺りの考え方は、アパレル問わず食でも活かせると思うので、近いうちにお付き合い先でもニューヨーク出店の予定です。
痛快!ロンドンにもぜひお願いします!
なるほど やっぱり戦略がシャープ
類稀な熱情と緻密な戦略。鎌倉シャツのブランディング、EC展開の成功は日本の老舗製造業の光となるはず。

「鎌倉シャツ」貞末良雄会長のブレない志と世界を見る広い視野は、息子の貞末真吾さんに受け継がれています。とても頼もしいです‼︎
淡々とした語り口(文章上からそのように感じるだけで実は熱っぽく語られている?のかもしれませんが笑)ながらも、野心メラメラなところがとにかく印象的ですね。