新着Pick
513Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トヨタ、日産、ホンダから三菱重工まで。世界にほこる日本のものづくりの生産現場に、こんな「ミステリアス」で面白い、超高収益のイスラエル企業が入り込んでいたことを恥ずかしながら私は知りませんでした。だからMUJINの滝野さんからその内情を聞いた時に、その面白さに、衝撃を受けました。

まさにイスラエルを象徴するような、「最強の黒子企業」ですが、その名が世界に知れ渡ったのは2006年のこと。世界でもっとも有名な投資家である米国のウォーレン・バフェットが、生まれて初めて、海外企業を買収したのが、このイスカルです。

買収額は4800億円。大富豪が「大人買い」したこのイスラエル企業の内幕が語られた記事を、わたしはまだ、一度も読んだことはありません。貴著な証言インタビューをぜひご一読ください。

ユダヤ人という文脈より、バフェットという文脈でぜひ読んでいただきたい記事!特に就活生の方々!
就職ランキングを見ていると、自分が「いい会社だなぁ」と思うような企業が出ておらず、有名企業ばかり。しょうがないといえばしょうがないのだが、昔に比べたら有報をEDINETで見たり、色々な記事やツールを使って財務指標でスクリーニングをしやすくなっている。BtoBで競争力がある会社に入ることは、人生の意思決定として結構いいことだと思う。記事ではリンテックが挙げられているが、日東電工なんかも、超優良米国企業の3Mから調べていくと出てくる企業かもしれない。
業界紙を見まくったという記述もある。就職も投資も、パブリックな情報からわかることというのは結構ある。むしろそれをしっかり理解することのほうが重要だと、個人的には思っている。
ソニーでもリーマン・ブラザーズでもなく、イスカルを選んだ滝野さんの話はとても刺激的。
本社の営業利益率50%って衝撃です。
製品価格を積み上げ方式でなく、まず全体の付加価値を考えるというイスラエル式の考え方も面白い。
タルムードに負けず劣らず、この記事にも金言がたくさんある。
"ヒット商品を作り上げると、そのチームを真っ二つに割るんです。そして一方のチームに、今ある商品の「未来の競合商品」を思い切って開発させる"
製造業の拠点でもなければ、別に鉄がたくさんとれるわけでもないイスラエルでこういうメーカーが勃興する、というのが面白い。


あと、滝野さんはネクタイをグリーンしたら、ユーグレナの出雲さんと瓜二つだと思ったのは私だけですかね、、、笑
これを読んでディスコの株価が気になりました。
面白い方です、生き方に興味湧きました。
この連載について
イスラエルのテクノロジー企業が、世界を席巻している。もはや「中東のシリコンバレー」どころではなく、米国に次ぐポジションを確保。その強さの源泉にはイスラエルの国策のほか、ユダヤ人たちが歴史上培ってきたイノベーションの秘策があった。世界を手中に収めるユダヤ人の強さの秘密に迫る。

業績