新着Pick
1337Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
"子どもを中高一貫校に入れないことには、大学受験に不利……。"
大学受験が理由だと思っている親も多いと思いますが、1番の理由は、
"私立中学への進学率は全国で7%だが、東京では23.9%"
つまり、「東京の公立中学には成績上位層が23%ごっそり抜ける」という点だと思います。公立派の1番の理由は多様性だと思いますが、上位層がごっそり抜けた多様性に恐怖を感じているのです。
僕らの頃は同年代に大量の子どもがいて、競争が極めて激しい社会だったのですが、今は少子高齢化で大学全入の時代です。その環境を生かし、もう少し幅広い教養や体力をつける時間を子どもに与えるべきです。その当時の僕でさえ、塾なんか一切行かなかったですが、今は末っ子も一切塾に行かせず、伸び伸びと色々な経験を積ませています。そもそも一流の中高から東大という画一的な価値観もそろそろ考え直した方がいいと思います。
家を建てるときは小学校の学区を事前にリサーチする必要があると思います。田舎に住みたい僕と都心から1時間以内が良いという妻の折衷案でたまたま湘南エリアに家を建てましたが、なんと卒業生の約半数が中学受験をするお受験学区でした。

上位半分が抜けるというのは親にとって大きなプレッシャーとなり、いつしか自然と公文からのサピックスという流れに。僕と長男が毎朝勉強する姿をみた次男は「僕もサピいく」とあっさり小2で入塾し、サピ大変だからという理由で妻と年長の双子は小学受験モード全開です。これでは働けど働けど・・・
本日より、中学受験特集を7日間連続、全12話のフルボリュームでお届けします。

なぜ、この時期に中学受験特集か? それは、9月に各中高の文化祭が一斉に始まるからです。オープンキャンパスや文化祭などを見学することは、子どもの資質や親子の価値観にあった学校選びに欠かせない重要な要素になっているようです。

かつての人気校(高偏差値校)のなかには大きくランクを落とした学校もあります。一方で、当時は聞いたこともなかった学校が、独特なカリキュラムを打ち出すなどして人気化し、20年前とくらべて30以上をあげた学校もあります。

また、最近では、依然では考えられなかった「受験工学」が確立し、そのメソッドを習得した親子が断然有利な受験戦線に変容しました。このように、親の世代とは大きく様変わりした中学受験、そして名門校の顔ぶれ…などについて、1週間かけて迫っていきます。

中学受験とは関係のない方にもお楽しみいただけるように、辛酸なめ子さんと佐渡島庸平さんによる「男子校、女子校は本当に気持ち悪いのか?」といった読物も用意しています。

どうぞ、よろしくおねがいします。(ちなみに、カバー写真は、灘高名物の椅子が一体化した机です。こちらも伝統だそうです。ユニークですね)
経済的な理由で塾に行かずに私立中学に入り、塾に行かずに京大理学部に行った私からすると、理解不能な世界ではありますが。最近では三年生の2月が入塾のタイミングの相場だとか。

受験が産業化し、学歴がヒエラルキー固定の為のツールと化している今、受験に必要な情報量を増やす事で、カネの力で実力のある人と同級生となり、同等のステータスを得られやすい世の中にますますなっています。

一方、いわゆる教育困難な貧困世帯との教育格差はますます広がり、努力で挽回できる余地を狭め、チャレンジ精神を削いでいます。

遺伝的な「学力」の発現は、ほとんど中学生くらいでわかるので、中学受験時にある程度振り分ける事は競争原理からいって合理的です。

しかも、近年の都内私立中学受験では、合格者最低点を非公表とする学校が増えているらしく、その理由は寄附金額を考慮に入れるいわゆる裏口入学の割合が多い所では入学者の4割に達するからと聞きました。一昔前は、相場は300万だったのが、1500積んでも入れなかった方の話も聞きました。

私は、これは中学受験の問題ではないと考えています。

変革には社会における「高等教育」の意義の再定義が必要で、今の文科省-JST-旧帝大を頂点とする教育ヒエラルキーシステムの創造的破壊によって、現在のただ搾取する側に立ちリスクを他人に押し付けていい所取りする為の「グローバルエリート」(タレフの言う「逆英雄」)を作る教養教育から、実力とノブレスオブリージュを体現する人に智慧とリーダーシップを与え、コミュニティと社会に秩序とモラルをもたらすシステムに変えて行く必要かあるのだろうと考えています。
そこまで頑張って入る日本の大学の価値が問われている。日本の大学は海外のトップスクールに比べるとはるかに勉強しないので、新卒の仕事力はあまりない。18歳からの4年間という心身ともに伸び盛りの時期に必死に勉強したか、のんびり遊んだかで圧倒的な能力の差が生まれる。お金がある家庭からどんどん海外に逃げて行く現場をどれだけ文科省は認識しているのだろうか。
私立中高に通わせるためには、その準備のための費用を含めて多額の費用がかかります。
少子化になれば、一人の子供への投資額が増えるので競争は激化します。

「4年の春から」というのは、最も遅い時期。
娘が合格してからいろいろな人に話を聞くと、1年生からサピックスに通っている子供も珍しくないとか…。

「中学受験生を持つ親のための塾」でも開こうかな〜(笑)
外山滋比古さんの著書「思考の整理学」では、引っ張ってもらえればまっすぐ飛ぶことのできる「グライダー型人間」と、不時着とかするけど自走エンジンを備えた「飛行機型人間」という対比が出てきます。同時に、グライダー型人間は与えられた課題をこなすことが得意なので、コンピュータに仕事を奪われるとも書かれています。
個人的には、過度な受験対策は、引っ張ってもらえないと飛べない「グライダー型人間」の量産を後押しし得ると考えています。

入口として受験することは全く悪いことではないですが、「飛行機型」の力も必要だというメッセージを伝えたり、受験後にそのための教育がセットになったりするといいのだろうなと思います。

考えさせられるのは、「思考の整理学」は1983年に出版された本であり、今でも根本的な課題は変わっていないこと。そして、東大と京大の生協で近年のベストセラーになっていることです。
http://www.news-postseven.com/archives/20161121_468071.html?PAGE=1#container
私立中学への進学率は全国で7%だが、東京では23.9%、とのこと。私立中学は、受験勉強しかやらせないようなところから、勉強以外のスポーツなどとの両立を目指すところまで、学校によって教育方針や校風が全然違います。できれば、中高時代は、勉強以外の何かに没頭できる環境がいいと思います。
有名中学ではない私立中学も多く、そこも受験戦争が激化しているとすれば、大学受験というよりも、公立中学の劣化が原因かも知れませんね。「公立中学が劣化しているから自分の子は私立に入れよう」と多くの親が考えるほど、公立中学の劣化が更に進み、一層多くの親が私立を目指す事になりますから。
これは、「貧しい家の優秀な子」のことを考えると、決して望ましい事ではないのですが・・・

P.S.
東大に合格するために有名中学を受験する」という事もあるでしょうが、有名中学が素晴らしいのは、大学受験のみならず、良い仲間がいて、中高時代は切磋琢磨でき、卒業後も一生つきあっていくことで素晴らしい「異業種交流会」が出来る事にあるのだと思います。
この連載について
子どもを名門中高一貫校に入れたい──。小学生の子どもを持つ親の間では、相変わらず受験熱が高い。しかし、30代、40代の親世代がお受験した頃の人気校の顔ぶれは大分変わった。中学受験のメソッドも様変わりした。ワーキングマザーが増えて、父親の受験サポートが必須になった。本特集ではそんな今どきの中高受験の“新常識“を豊富な成功事例をもとに紹介すると同時に、人気が急騰中の新・名門校と、変わらぬ人気の伝統校を直撃する。