新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

795Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
鎌倉シャツの貞末さんのインタビュー。NewsPick有料記事はこういった経営者やイノベーターのインタビューにこそ価値がある気がしています。

「勤めたアパレル会社4社が全て倒産→業界の歪んだ構造に気づいて53歳で起業」というのは身を持って経験したことを活かしていて良いなと思う反面、その4社ではどんなポジションだったのか?どんな悪戦苦闘をしたのか?に、とても興味が湧きました。勝手な想像ですが、経営者のビジョンの欠如、組織全体の危機感の欠如と変化への恐れ、負の遺産整理の遅れなどなど、貞末さんでもどうしようもないようなドラマがあったんだと思います…

あと、SPAを起業する際に「入り口と出口、どちらが先か」で出口からと言うのは今となっては当たり前でも、昔は異端だったのかもしれませんね。ただ、製造業の復活(革新)にはこの発想がとても必要だと共感します。

*すみません、お名前を誤記していたので慎んで修正します。それでふと気になったんですが、「貞末」ってけっこう珍しいご名字ですよね。検索してみたら全国に1,000人いない名字と。
本日より、「鎌倉シャツ」で知られるメーカーズシャツ鎌倉の創業者、貞末良雄会長のインタビューをお届けします。
アパレル業界を取材していると、決まって関係者から「ここは凄い!」と名前があがるのが鎌倉シャツです。

まだユニクロもメジャーではない1993年にいち早くSPAモデルを導入して、成功を収めました。会長が96年の元旦に書いた、アパレル業界の見通しは、20年後の今読むと、全て的中していて先見性に驚かされます。

それにしても、53歳から起業するというチャレンジ、普通はできませんよね。
取材時も口調や眼差しのエネルギーがものすごく、鳥肌が立ちそうでした。
前職時代は、全て鎌倉シャツでした。今の規模になってしまえばそう問題はないと思いますが、最初から工場との付き合い方など、5000円でシャツを販売するための工夫が素晴らしい。そこは、このインタビューにある問題意識のところから生まれてきているのだと感じました。
鎌倉シャツさんでは有料ですが、一部商品を除き襟・袖口の交換ができます。シャツは、襟と袖口の消耗が一番大きい。しかし、そこを交換するとイメージが変わったりもします。襟の形を変えたり、クレリッックシャツに変えてみたりと楽しめるのも魅力。そういうところも面倒臭いし、お金にならないのに、なぜやっているのかというのが、このインタビューから伝わってくるように感じます。
アパレルの歴史が伺える記事。
元々製造業を見ていた自分にとって、初めてアパレル業界を見た時、メーカーと呼ばれる会社が実際は製造機能を自社ではもっていないことが少なくないのが驚きだった。また値下げとかも。
在庫リスクはとるが、流行り廃りが少なく季節性が少ないという点でトレンドリスクはとらない。何にリスクを取る・取らないが明確。
僕も鎌倉シャツ一筋なのでとても嬉しいインタビュー!値段と品質のバランスの納得感がここまで高い服はなかなかないですよね。それにしても20年前の業界予測が見事に当たっている事にびっくりです。
50歳超えての創業
バブル崩壊後に逆張りで勝利
SPAで、今でこそ当たり前のことだが、当時では画期的なビジネスモデルの挑戦

中高年を勇気付けてくれるありがたい記事です。

シャツは、今タイの工場に直接オーダーメードしてして、DHLで受け取っていますが、「持ち」と縫製品質に不安がある。
鎌倉シャツ、前から気になっていたんで、今度購入してみます。
これは素晴らしい企画。楽しみに拝読します。
ユニクロの柳井さんは鎌倉シャツの愛用者ですよね。
先日あった百貨店特集にあったらちょうどよい総括になる記事。「情報代」で百貨店もアパレルも潤っていた時代。そしてその後は商社にデザイン機能も含めて外だししていく時代。ただ、商社から見ても生産背景を常に押さえ、52週MDの短期サイクルのなかで利益を積み上げる、というビジネスはあまり儲からない魅力のない商売になってますね。そうするとやはりSPA、となりますね
ほんとNPのインタビュイーの選定がいつも嬉しい。
鎌倉シャツ好きです。店舗スタッフの細やかな対応が印象的。
製品の付加価値を「情報」と「工業」にきっちり分けて考えているのが、とても勉強になる。しかし、53歳で起業されたとは、恥ずかしながら知りませんでした。
良いモノを生産者にとっても消費者にとっても適正な価格で売る。
ファクトリエ山田さんの言葉を思い出しました。
貞末さんと山田さん、それにマザーハウスの山口さん山崎さん。
みなさんそれぞれに、年齢もバックグラウンドもアプローチも違うけど、疲弊したアパレル業界の構造を変えようとする方向性は同じ。日本のアパレルはおもしろい。