新着Pick
395Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金額が大きくなると外資のファンドだとの思い込みからそろそろ脱してもらいたいものです。インテグラルの投資家のいくつかは、共同投資が目的の投資家です。1兆円以上の規模でも対応します。
日本のPEの規模が大きくないのは、欧米との年金の行動様式の差によるところが大きいです。もちろん内外無差別でいいのですが、欧米のPEの資金も、当初はERISA法の制定、それに続くEMP・TMPといった制度に基づいた年金資金を獲得して得たものです。日本のPEも同じような発想で、同じような制度の提供をして育てていくことがとても大事です。政府の取り組みは遅いが、その裏側には、実質的な税金を用いた自分の省のファンド(官民ファンド)を優先する発想があるように思います。
東芝の半導体部門の売却先としても名前が上がるベイン、KKR。最近、企業買収や再生でとみに名前を聞くPEってどんな存在なんだろう、ということで取材をしました。
最近のケース、それぞれのPEの特徴などを見ると、彼らが日本企業再生の主役に一翼を担いつつあることを実感します。
日本はいまだに外資アレルギーが強いようですが、外資PEが入って、企業の業績改善するのであれば歓迎すべきだと思います。

「万物は流転する」ので、新しい血の流入は、長い目で見れば当然のことですし…

------------------------------------

「PEは5年、10年先を考え、ビジネス提案をします。短期的なリターンを追うような投資会社ではない。日本市場で、少しずつPEの役割が認知されてきたと思います」
と藤井氏は言う。

「先進諸国の金融緩和策で、市場には大量の資金がある。人口減少や高齢化で国内需要のさらなる先細りが懸念される中、日本企業の経営者がPEに求めるものの一つは、我々のグローバルネットワークを生かした長期的なビジネス提案だと思っています」
本論とは違いますが、トップ10の買い手の中で事業会社が海外企業を買収するもの。取締役会で日本事業を買う決議は取れないけど海外進出なら取れる、という危ない匂いがプンプンしますね。
地方創生にはPEファンドがたくさんいますが、PBRの低い企業再生ノウハウはかなり溜まっているのではないでしょうか。
ペルミラの日本代表としてスシローM&Aを成功させた加藤有治さんはぼくの大学+郵政省の後輩で、パリ駐在でご一緒しました。昨日、CiP協議会の理事にも就任、ファンド作りに助力いただくことになりました。プライベート再生の実力をまた公益に発揮していただきたく。
ベインキャピタルの方がベインアンドカンパニーより有名になりつつある今日この頃。PE出身だと間違われる機会が増えてきた気がする。ミットロムニーはやっぱりえらいな。
リップルウッドがハゲタカと呼ばれたのも、今は昔。
パナソニック ヘルスケア株式会社(Panasonic Healthcare Co., Ltd.)は、健康・医療機器等を扱うメーカーである。略称はPHC。 ウィキペディア

業績

業績

カルソニックカンセイ株式会社(英語: Calsonic Kansei Corporation)は、日本の大手自動車部品メーカー。1938年創立。 ウィキペディア

業績

業績