【週末に学ぶ】教養としての「ユダヤと金」の歴史

2017/8/26
「一神教」の始まり
「聖地」という呼び方がこれほど当てはまる場所は、他にないだろう。
エルサレム。ヘブライ語で、「平和の町」を意味するとされるこの街に、特別な信仰を寄せる人々は世界で30億人以上にも上る。
キリスト教、イスラム教、そしてユダヤ教──という3つの「一神教」の聖地がここに集うのだから、それもそのはずだろう。