新着Pick
565Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イエスもユダヤ人。イスラエルに行くと、普通に皆がそう言っていて、ふと気付かされます。ダビデ、ソロモンにモーセと、誰もが名前は聴いたことはあるけれど、よく考えると、歴史上の役割をきちんと把握できていない人物について、改めて振り返ってみるのも悪くないかもしれません。

それにしても、自らの国と土地を持たなかった社会集団が、3000年前の信仰を維持しながら、今もそのアイデンティティをもって生き続けている事実自体に改めて驚愕します。

ちなみに、世界に影響を与えた歴史上のユダヤ人という英文サイトで、アインシュタインやフロイト、マルクスと、モーゼやイエス、ダビデが同列に並べられていて、驚きました。http://www.adherents.com/largecom/fam_jew100.html
ロスチャイルド家の歴史は紐解いていくと面白い。もともとフランクフルトの商人だが、創業者は5人の息子をフランクフルト、ウィーン、ロンドン、ナポリ、パリの5箇所に移住させ、それぞれ「ウィーン・ロスチャイルド家」「ロンドン・ロスチャイルド家」などを開かせた。

理由は、
・政治的事情が変わり、どこかのロスチャイルド家が弾圧されても、家全体としては生き残るため
・当時の大都市に分家を置くことで、情報戦を勝ち抜くため
などがあったと言われている。

そして、ナポレオン戦争では英仏両方から得られた情報から「イギリスは勝つ」と踏み、イギリスに「全張り」して繁栄の基礎を築いた。ユダヤ人の危機管理と情報意識の高さがわかるいい事例だと思う。
旧約聖書では、アダムとイブが最初の人類でした。

アダムとイブの子供のカインとアベルの兄弟がいました。
神に贔屓されたアベルを兄のカインは殺害し、辺境の地に追いやられました。
カインは女と出会って子孫を残しました。

カインの妻はアダムとイブの子孫ではありません。
であれば、アダムとイブが最初の人類であるということと矛盾します。

これは、ユダヤ教とそこから枝分かれしたキリスト教、イスラム教にとってタブーだそうです。
ヴェニスの商人に出てくる強欲な金貸しのユダヤ人が良い例.
聖書の時代より,金貸しは卑しい仕事.キリスト教徒は利子を取って金を貸す行為を蔑視していた.一方,ユダヤ教徒にこのような縛りはない.ユダヤ人は故国を追われ,世界に散らばって住む.確かな固定資産は持たない.そこで,子供の教育にも力を注ぐとともに,自らの才覚で成功することができる金貸し,金融業を始める者が多かった.金融業は古くはユダヤ人の独占だった.そのような理由から,ユダヤ人の金貸しはキリスト教徒に嫌われていた.
日本も,「士農工商」で,商人は一番下の階級と見なされていた.
ユダヤ教徒が世界で煙たがられる理由の1つに、ユダヤ教には、日常生活を拘束する宗教法があることが指摘されています。それは各地各国の地元の世俗法と衝突する場合が多く、ユダヤ人はユダヤ法を優先するため、そうすると必然的にトラブルが発生する場合が多くなります。
「改めて、ユダヤの歴史を振り返りたい」と言いつつドレフェス事件やホロコーストにほとんど言及しないことにはやや違和感があります(「ユダヤと金」という切り口のまとめであったとしてもです)。また、パレスチナに対する抑圧や入植を語らなければややバランスを欠くものになってしまいます。

少し前までディアスポラといえばユダヤ人にしか使われない言葉でしたが、今ではそれ以外に母国から離散しつつ、コミュニティを維持しようとするグループに使われる傾向があります。例えばChinese Diaspora とか。ユダヤ人の特殊性に着目することも必要かと思いますが、他の集団との共通性に目を向けてもいいように思いました

また、これは細かい点ですが、民族主義だと不正確なのでナショナリズムを使うべきだったかと。
金融の裏側を読み解く知識を整理することができました。
ロスチャイルド家の背景にはユダヤ人があり、ユダヤ人の背景には金融がある。
ユダヤ人⇄欧州ロスチャイルド⇄ゴールドマンサックスの関係性を読み解くことが、金融システムを理解するために必要だと改めて感じます。

ユダヤ人は、大衆向けに拡大しすぎず「少数精鋭」で、特定の土地や都市を持たなかった。
だからこそ鍛えられた「知性」や「リーダーシップ」があったのだな・・・と考えさせられました。

>常に追放の危機があったユダヤ人は「いつでもに移動できる状態」に身をおき、医者、染色職人、革職人、宝石職人、大工に銀行家ーーなどの仕事に就いた。
これは確かに教養だ。

ざっとしか読めていないが、熟読して繋がりも含めて理解したい。
昔ロスチャイルド家について色々と本を読んだ事があって、その中で1番面白いと思った本は、
廣瀬隆の「赤い盾」と渋井 真帆の「ザ・ロスチャイルド」金融でナポレオンに挑んだ男。
よくまとまっていますね。離散の歴史をこのスパンで知っておくことが、イスラエルやユダヤ教を理解する上で、とても役立つと思います。
この連載について
イスラエルのテクノロジー企業が、世界を席巻している。もはや「中東のシリコンバレー」どころではなく、米国に次ぐポジションを確保。その強さの源泉にはイスラエルの国策のほか、ユダヤ人たちが歴史上培ってきたイノベーションの秘策があった。世界を手中に収めるユダヤ人の強さの秘密に迫る。