新着Pick
1054Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インテルは、1974年にイスラエルに進出し、研究開発部門を中心に1万人近い従業員を抱えています。Centrinoのチップもここで開発されました。

イスラエル文脈でみると、モービルアイの買収も違った見え方ができて、なかなかおもしろいです。

もう一つ現地取材で印象に残っているのは、イスラエル人たちが若い男女を始め、兵役を青春の思い出のように語ること。「いつでも戻りたい」と話す人までいました。日本からは理解できない境地だな、と痛感しました。
本特集のデザイン担当しています。

実は最近までイスラエルは中東戦争、常に緊張関係が続いている危ない国、砂漠、というイメージしかありませんでした。

そんなイスラエルがマイナス面を武器に、自国の産業を強化し続けていて、世界からお金が集まっているというのは興味深い話。

ちなみに既存のPHPをゼロから構築しなおしてPHP3をリリースしたのもイスラエル人だそうです(自分がやってたので単に印象に残っただけですが・・・)
今まで勤めて来たメーカー2社両方とも、イスラエルの技術を買ったり、企業買収をしていた。

結束の強さと商売上手で、華僑と並ぶと言われた「ユダヤの商人」の話は今や昔。
金融界のみならずハイテクで台頭する時代。

関係ないが、参加した日本ユダヤ協会のイベントにドイツ大使を呼んでいた懐の深さに驚いた。
軍が最大のR&D機関。三度失敗して一人前の起業風土。
実際に大学卒業後に大企業に就職するのは落ち溢れであり、優秀な方ほど資金付いて起業するのが当たり前の国。
しかも国としてもセッター(バレーボール)と言う役割に徹してます。金融(特にアルゴ/AI系)でも米GS/モルスタも実際の素ネタはイスラエル産多いですね。
出国が超絶時間かかるのかうざいのと、金曜日土曜日はエルサレムなどは完全に公共交通が止まるのが困る。
理屈の上でイスラエルと日本は相性が良いと言われます。ゼロイチのイスラエルと1→100の日本。私もそう思ってイスラエル大使館に行きました。完成度はイマイチだけど、超画期的な目から飛び出るような技術がありますが、彼らを縛ることはできない。ゼロイチと1→100の隔たりは大きいと思います。
国土が狭く、豊かでなければ産業を発達させるしかない。スイスでも長らく血の輸出と言われた傭兵業ぐらいしか産業がなかったが、その後、精密機械業を発達させた。他方、周知のように軍事テクノロジーは民間でも様々な分野に応用が利く。ロケット技術や衛星、ドローンやインターネットはその典型的な例だろう。イスラエルはこれらを上手く融合させた結果、世界に冠たるIT国家となった。
 日本の某学術団体は軍事研究を頭から否定しているようだが、その発想の根源は「先の大戦」だ。そろそろ軍事技術=殺人という単純な固定観念から脱するべきではないだろうか。
軍は最高のビジネススクール、という言葉に納得。日本にも、人間として一皮むけて、盟友と出会えるような、何らかの社会的な仕組みが必要なのかもしれません。
先日エンジニア採用の面接に来られたイスラエルの方も、プログラミングは軍で学んだと言っていて能力も一定以上の高さを見せてくれました。エンジニア育成において、国として非常に興味深いです。
人口などを考えると他の国との比較より、サンフランシスコや東京、バンガロール、北京などの都市との比較の方が示唆がありそうな気がします。
この連載について
イスラエルのテクノロジー企業が、世界を席巻している。もはや「中東のシリコンバレー」どころではなく、米国に次ぐポジションを確保。その強さの源泉にはイスラエルの国策のほか、ユダヤ人たちが歴史上培ってきたイノベーションの秘策があった。世界を手中に収めるユダヤ人の強さの秘密に迫る。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
127 兆円

業績