新着Pick
322Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今も昔も変わらないですね。日本企業の欠陥はいつまで経っても欠陥であり、それでも会社が成長できた昔と、通じなくなった今日に現れているのでしょう。本稿の末尾で解説の方がコメントされていますが、

「日本のカイシャで出世するなら、求められるのは突出した成果より忠誠心・・・高いスーツを着てお重に入った弁当を食べながら静かに会議をするシャープの役員と、コンビニ弁当をかき込みながら深夜まで唾を飛ばして議論するホンハイの役員」

この差がすべてでしょうか。私もすでに書いたことですが、会社の業績は社長・役員・事業部長の能力次第です。「現場の能力」などは存在しません。トップや幹部が変われば、必ず、現場は力を発揮します。だからこそ、幹部クラスには高給が支払われ、権限が与えられ、多くの人が彼らに従うのです。業績がダウンすれば必ず、上層部に原因があります。しかし、私がこれまでに出会った経営幹部の方々は、その優劣の乖離があまりにも大きかったです。そしてこのコメントは自分にも言い聞かせるものです。言い訳をしている時点で、会社の経営(の一端)を担う資格はありませんね。
まるで今週書かれた記事かと思ってしまいますが、53年前の寄稿記事とのこと。この53年間、一体何をやっていたんでしょうか。
「日本の多くの企業は社員の事なかれ主義を根底にした体制であり、極言すれば“社会保障団体”の観さえある」という指摘は老舗大企業だけでなく、たかだか創業10年少々の新興企業にも当てはまる話で、問題の根深さを感じます。

現役の一企業経営者が他の産業にまで及んで領空侵犯的に自身の考えを発信するといった言論空間が今の日本にあるのかと思うと、盛田さんの切れ味の鋭さがなおさら際立ちます。

それにしても、「文春」という文字を見るだけでピックを躊躇ってしまうことを思うと、週刊文春は部数と引き換えに相当程度、会社のブランドを毀損していると感じます。
盛田昭夫氏の本はどの本を読んでも40-50年前とはとても思えない話が目白押しです。まずは「Made in Japan」を読んでみるといかにソニーが起業当初から先進的な会社で取り組みをしてきたかがわかると思う。井深、盛田、大賀時代のソニーは本当に凄かったんだなあ、と。

ソニーは一風変わった会社で働かない部長も中にはいたかもしれないが、仕事が大好きな部長が多い社風には思える。昨今は本当に能力が無いとソニーの統括部長にはなれない時代になっている。
全く色あせていない。おそるべきというか、なんというか。
ソニー、ホンダ、トヨタなどの組織から学べることは多い。近年流行りの、デザイン思考やリーンスタートアップといった考え方は、50年前に日本企業が実践していたものだと思っています。

働かない重役が増えるのは、社外や株主の厳しい目がないことも関係していると思います。
社外取締役の立ち位置、コンサル組織の使い方などを突き詰めていくと解決策は見えてきそうです。
日本では勤務する企業こそ重要とされますが(大手企業だと、自分も偉くなった気になれる)、人としての社会的価値こそが重要という国際社会の当たり前、がわかりやすく書かれています。
=====
私流にいえば、むこうは社員の成績をエバリュエーション(評価)することが基礎になった経済体制であるのに対し、日本の多くの企業は社員の事なかれ主義を根底にした体制であり、極言すれば“社会保障団体”の観さえある

日本では社長も、サラリーマンの一番上ということになっているから、社長にも定年あり、という会社さえあるわけだ。アメリカでは「定年」はない。が、1年毎に厳しくその能力を評価され、少しでも失敗があればたちまちクビになる。社長といえども決して神様でなく、株主によって会社の運営がまずいと判断されればリコールされるのだ。
肝腎のソニー自身が堕落してしまった。

世界を変えるような商品が出てこない。
出ても小粒なものばかり。

失敗したら、潰れるかもしれない、というくらいの製品を出して欲しい。昔はそうだった。ーー元ソニーファンより。

業績