新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

89Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさかのクリプトン・・・!MEIKOが先であることは意外と知らない人も多いですよね。

私が初めてボカロ曲に触れたのは「炉心融解」の演奏してみたでした。そこから本家をたどるうちにすっかりボカロにハマってしまい。巡音ルカのリリース当初、そのリアルさで震えたことを今でも覚えています。みんなすっかり進化して、人間っぽいパワフルな声からいかにも電子な声まで、本当に歌声の幅が広がりました。マジミラ始め文化的な貢献も本当に大きいですよね。カラオケのジャンルとしても完全に定着しましたし(昔はJOYSOUNDくらいしか入っていませんでした)。

NHKなどで再三取り上げられるのを目にした時は、正直泣きました。こんな風にポジティブに扱われるようにもなったんだなぁと。これほどグローバルにつながる記号ってなかなかないです。
初音ミクという商品自体が「大いなる未完成」商品であることがとても重要。だからこそユーザーの手によって完成されるという達成感を得られるし、発表すれば承認も得られる。一番大事なのは、初音ミクというツールを通じてコミュニティが形成されるということ。
以上、承認・達成・つながりの精神価値を満たす初音ミクこそ、エモ消費のひとつであり、モチベーション消費のきっかけとなったエポックだと思う。
面白いことにどこの国にも必ず初音ミクファンがいるんです。東欧にも、ベトナムにも、メキシコにも。ソ連も強烈ですね。みんな緑色のカツラを被った自分の写真を楽しそうに見せてくれます。これを可能にしたのは、オープンリソースでしょう。その先見性と寛大さに改めて敬意を評したいと思います。
この時代に生き延びるための力は、独り占めしないこと。これをカッコよく表現するとオープイノベーションになるのかな。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(Crypton Future Media, Inc.)は、北海道札幌市中央区にある、音楽、効果音などの音に関連する製品を販売する企業。単に「クリプトン」と呼ばれる場合もある。CIは『「音」で発想するチーム。』。 ウィキペディア