新着Pick
534Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
定額パスか、、、タクシーでもできる予感!?さすがに1000円はムリかもしれませんが!
人間の余暇時間に制限があるからこそ成り立つサービスですね。

音楽配信も動画配信も同じです。
毎日、朝から晩まで音楽や動画、映画を観ることのできる人は滅多にいません。

それに、映画館としては毎日映画を上映するコストは一定なので、観客が多くなったからと言ってコスト増にはつながりません。
逆に、飲食物やキャラクター商品がたくさん売れて売上増になるでしょう。
月1000円ほどで映画やドラマが、スマホ、パソコン、テレビで見放題時代だと、出てくるかもしれないサービスですね。
しかし、この映画館での見放題は、ながらは途中退席ありのテレビ、ネット文化とは違う贅沢さ!
日本であったらぜひ入りたい。

いや、しかし見放題だと、映画館なのにジャケ買い的に入って退席するパターンも出てくる!?
費用と時間による「集中型」エンタメを維持するか、「途中退席あり型」のライトエンタメへと変貌するかも気になります!
このサービスが日本であったらかなり人気になりそう。日本だと1500円〜2000円という価格設定だろうか。
ーー
月額9.95ドル(約1100円)。3D作品やIMAXシアターは対象外となるが、デビットカードを受け入れる米国内の映画館ならどこでも1日1本の映画を毎日楽しむことが可能
映画1本の鑑賞料金はここ20年でほぼ倍になっている。今年は平均8.89ドル前後だが、一部の都市ではこれよりかなり高くなる場合もある
例えば、飯田橋ギンレイホールでは、年間パスがあり、シングルカード(10,800円、月900円換算)で、入り放題。ギンレイホールでは年間で50本の作品を上映するので、週1回としても十分です。

こうしたミニシアターはいわゆる流行りのハリウッド映画はあまり扱ってませんが、セレクションが秀逸なので、観て損するということはほぼないですね。
これはいい。大学生が毎日映画館で一本見る生活とか、いいなぁ。
タクシーでも、JTBが福岡で実施しました。
月ぎめ乗り放題定期(区間には限定)のJERONタクシーです。

道路運送法に基づいた申請をタクシー事業者もすれば、陸運局はその是非を判断せざるを得ない仕組みに、行政手続法ではなっていますが、タクシー事業者はみんな一緒でないとわたりません。

そのため、旅行業法のパッケージツアーの仕組みを活用して、JTBが始めたのです。2001年に「モバイル交通革命」で提唱したことがようやく実現しましたが、まだまだ本格化というには道が遠いです。
来年3月までにIPOするつもりなんだ。そんなに売上あるの? 映画館の空席を埋めるサービスでいうとDealflicksというのもあって、これはどちらかというとHotel Tonightのような直前割みたいな感じのサービス。何にしても空席の劇場は寂しい。
とても安いなと思いましたが、それをもカバーできるほどのデータが集められるということなのだと理解しました。日本でもこんなサービスができたらとても人気が出そうです。
9.95ドルはかなり魅力的な価格だ。月に一回映画を見る人にはお得感がかなり出てくるプライシング。アメリカの映画館は収益率の高いポップコーン+飲料の利益貢献幅として大きい。来てもらうだけで収益貢献になるという考え方ができる。
ネットフリックス(英語: Netflix, Inc.、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。 ウィキペディア
時価総額
13.6 兆円

業績