新着Pick
682Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2016年に東証マザーズに上場した会社は54社ありますが、それらの上場時の平均時価総額は66億円、新株発行による調達額の平均は7.5億円です。この規模感をシリコンバレーのスタートアップに照らし合わせて考えてみると、アーリーステージからミドルステージと呼ばれる段階のスタートアップの規模感に該当すると言えます。あくまでもアメリカの市場との比較ではありますが、日本のスタートアップは相対的に早い段階で上場していることが見て取れます。世界的に見ても、日本の市場は上場に向けたハードルが低いユニークな市場と言えるでしょう。

この事実をただちに肯定的・否定的に論じることはできません。アメリカではプロフェッショナルなベンチャー投資家が担っている資金供給の役割を、日本においては一般投資家が担っているということであり、事業がまだ成長段階にある若い企業を、一般の投資家が支える土壌が整っていると見ることもできるでしょう。
いずれにせよ、特にIT系のスタートアップであれば遅かれ早かれ国外の企業とぶつかることもあるわけで、綺麗事ではなくIPOを機に、より一層の成長を図っていかなければならないのだと思います。
今回はentrepediaのデータを利用し、国内ベンチャー企業のEXIT動向のファクトをまとめました。
entrepediaは日本最大級のベンチャー動向データベースです。リサーチャーがベンチャーに関する様々な公開情報を情報源として作り上げています。
本レポート執筆にあたり、これまで見てこなかったベンチャー界隈の情報を見ましたが、とにかく面白い企業が多い。今後も追いかけていきたいです。

【追記】
騰落率のデータに一部誤りがございましたので、修正を致しました。申し訳ございません。

【追々記】
図表「国内ベンチャーEXIT」の「買収・子会社化・主要株式取得、事業譲渡」の件数を買収元企業が確認されないデータを含めるものへアップデートしております。
スモールIPOや「上場ゴール」などが批判されますが、事業会社によるM&Aが少ない日本において、重要な出口の役割を果たしていると言われます。出口がないと起業意欲も高まらないし、リスクマネーも集まらないので、一定の役割を果たしていると思っています
ただ、事業会社に買われる方が、買収した企業のリソースを使って成長が加速したり、他サービスとの組み合わせでサービスの魅力がアップしたり、強い会社がどんどん強くなるという作用もあるので、ベンチャーが小規模分散で乱立していることの機会損失は社会全体では大きい気はしています
ようやくCVCが増えたり、事業会社のM&Aも増えてきましたが、もっともっと増えるといいな、と感じます
M&Aされるとメディアが「身売り」とか言うからだよ
スタートアップのMA EXITは米国比較でかなり少ないという認識だったが、件数ベースではIPO EXITよりは多いというのは個人的には発見。やはりきちんと数字を検証することは大事。

直近のダウンラウンドIPO増加傾向(傾向というか予兆か)を見ても、PrivateとPublicでバリュエーションの差が出てきており、このギャップを埋めるものとしても、大規模なMA EXITは今後増えていく可能性がある。

よく知られていることだが、日本はシリーズD以降の調達ラウンドがほぼなく、ある意味マザーズがその役割を部分的にでも担っていたわけだが、そうすると早期に利益を出す必要があり(最近要件緩和傾向にあるとは言え)、ベンチャーとしては大きな絵を描きにくい。

現状のバリュエーションギャップ故に、IPOではなく、Private Financeを選好する企業が増え(直近のSansanの42億円調達が一つの例かも)、日本にもシリーズDが根付いていく、というのは日本のベンチャーの生態系の成長の今後の方向性かもしれない
トラディショナルな大企業によるベンチャーMAはこれからどんどん増えるでしょう。大企業にはお金が、ベンチャーには新しい文化があり、それぞれ一朝一夕には持てない財産です。

例えば、、、Fintechで結構目立つベンチャーが数百億円のバリュエーションなら立派ですよね。でも、全然目立たない地銀とかでも純利益数百億円あったりします。純利益ですよ、税金払った後の。
日本はM&Aが増加しているもののIPOがまだこれだけ多いというのに驚いた一方で、納得感もあります。
米国では創薬ベンチャーのようなそれなりにリターンが見込める企業でも、IPOは減少し大手製薬メーカーによるM&Aが一般的かと。理由はおそらく株式市場よりも創薬メーカーの方が相対的にリスクが低く(自社で一から開発するよりも低リスク)、割と早期の段階で評価が高くなりやすいからだと思います。
ただこれは大手の中できちんとベンチャーが独自の経営方針を守っていけることが前提。

日本企業も大手が自身で「イノベーション」を起こすのはなかなか難しいと思うので、ベンチャーのM&Aをもっと活用してもよいと思うのですが、買収後は親会社による固定化した管理があるとせっかくの創造性もなくなってしまいそう。
データとして見るのはいいが、そこから出口としての上場かExitかという議論における日米比較は短絡的過ぎる
会社、という組織体に対する考え方が違うので、単純な日米比較に意味はない
アメリカでは、会社といっても日本の感覚で言えば「プロジェクト」に近い。「バンド」にも近い印象。
日本は違う、村とか、大げさに言えば藩の感覚とか。
日米両方でVC勤務してその差は思い知った。
農耕と狩猟の歴史的社会的背景等すらかかわってくる

小さな会社でも独自の文化を維持発展し、上場出来る、日本は世界的にみてユニークでよい国です
その会社がそれで成長鈍化したり投資出来なくなるというけど、そんなに単純ではない
非上場成長企業で特定のPEに経営支配された経営者の証言を待ちたい
「上場企業による子会社化」で当社を取り上げていただいております。ありがとうございます。
多くの方が指摘されているようにスモールIPOが多いのはM&Aによるイグジットがアメリカに比べて高いので、投資家サイドから見れば当然だと思います。
当社のように二桁億円前半であればまだM&Aの買い手数は多いですが、3桁億円になるとほとんどいません。
個人的にはトラディショナルな企業による3桁億円のM&Aが出てくればさらに起業家は勢いを増すんじゃないかと思います。KDDIのソラコムパターンですね。
株式分割と市場全体の動向を加味した方が良いかなとも思うが、かなり価値あるデータ。どんどんこうして情報提供いただきたいところ。参考になります。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.39 兆円

業績

CYBERDYNE株式会社(サイバーダイン、英名:CYBERDYNE Inc.)は、つくば市学園南二丁目にあるサイバニクス (Cybernics) 技術に関連する研究開発、製造、販売、保守管理を行っている企業である。 ウィキペディア
時価総額
701 億円

業績

業績