新着Pick
208Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
単体では得てして静的になりがちなテキストベースのWebメディアを、動的で温もりのあるラジオとうまく掛け合わせる事で凄く良いシナジーが生まれていると感じました。

更新頻度はインターネットにおける成功の鍵ですが、月〜木の4日間毎日プロピッカーを呼んでコメントをもらう、という気合いの入り方も(関わっているスタッフの方々は本当に大変だと思いますが)泥臭くてとても好きです。

一見かなり洗練されているように見え、水面下では異常な熱量でバタ足をしている。NewsPicksはまさに湖上の白鳥のようなメディアだなと思いました。

伝えたかったことは3つあります。
① 信用が担保されていない広告に、広告効果などない。
② これからの時代は「嘘をつかないマーケティング」が一番効果をもたらす。
③ 認知ではなく人気(=信頼)を獲得する事にフォーカスすべき。

“インフルエンサー“という言葉は一般的にどのように受け止められるのでしょうか。個人的な感覚値ではまだ、最先端のバズワードでありポジティブに捉えている人が多いように思います。

もちろん、本当に影響力のあるインフルエンサーも存在します。問題は、ほとんどのインフルエンサーが、実は全くInfluentialではないという事です。

認知も無ければ、人気も無い。そんな自称インフルエンサーを使って広告施策を打つと何が起こるかというと認知がないから商品にブランドもつかないし、人気もない(=実際にその演者の事を信頼していて購買行動を起こしてくれるファンの数も少ない)から売り数も特に動かない。

今回番組内で取り上げた実験は、ネット上の表層的な数字「だけ」を見たWebマーケに対して警鐘を鳴らしています。

企業側は「一般的に認知度が高い人ではなく、しっかりインターネット上のフォロワー数を見てマーケ施策を決めてる」なんて思っているのかもしれない。

更には「我々はインフルエンサーを起用した最先端のマーケティングをしている」とさえ思っているかもしれない。

でも繰り返しですが、 今後は信用が担保されていない広告の価値は限りなくゼロに近づいていくと思います。

本当に良いと思う物を本音で発信して、誠実にファンと向き合い信頼をたくさん貯蓄した人が最大の広告価値を持つ。愚直に勝ち取った信用が認知や見せかけの“影響力“に勝る時代はすぐそこにきています。
頷くことばかり。多くのコメントを日々見させていただいてますが、記事に書かれている「内から湧き出るモチベーション」が感じられるコメントを見つけられた瞬間、個人的にはとてもうれしいです。
そして、前田さんのコメントもうれしい限り。はい、結構泥臭いことだらけです…ラジオも、編集部の記事も、LivePicksも、編成も、驚くほど泥臭いことやっています。コメント欄もそうで、Pickerの皆様の熱量で支えられています。だからこそ、それを発掘していくにも熱量、泥臭さが必要だと思っていて、個人的には洗練したやり方はまだ見つかっていません。
いいねが集まりやすい記事・コメントもあれば、そうではないけどものすごく熱量が詰まっている記事・コメントもあります。全然拾い切れてはいないですが、少しでもそういうのを拾えたら、また互いに拾いあう雰囲気ができればと思っています。だからこそ、Pickerの皆様の間で「これは参考になりました、ありがとうございます!」といったやり取りを見ると、それだけで嬉しくなります。
併せて、熱量がある空間だからこそ、その熱量が誰かを過剰に傷つける方向にはいかないようにということも、とても重要だと思っています。
でもそのためにはNewsPicksというものが、全員とは言わなくても使っていただいている大部分の方に信用されなければ厳しいでしょう。
日々精進です。
極端な話、「インフルエンサー」という言葉が出てきたらそっと距離を置くようにすれば、騙される確率はぐっと減るでしょうね。
これはよくわかる。
逆に個人の能力が高くない中たまたまフォロワーを増やす術を磨いて有名になってしまった人は、ラッキーとしてそのまま続くかぎり頑張ればいいとおもうけど、能力がある人がまだ実績あげてないなかとりあげられてしまって結果を出すことをおろそかにしてしまうケースもあると思ってて、これは本当に不幸なことだともおもう。

いずれにしても、自分はしっかりと誇れる実績をつくれるように日々頑張っていこうと思います。
エンゲージメントと言うのは、TwittterやInstagramの掲載順位を決める際にも指標として重要です。

kloutと言うサービスを、Google Chromeでダウンロードして、フォロワーの多い人のアカウントを確認してみて下さい。

Kloutスコアはエンゲージメントをベースにスコアを決定しているので、個人のアカウントのスコアの数値がわかります。Valueなどは、まだエンゲージメントのアルゴリズムに対応していないかもしれないので、この辺りが改善されれば、本来のソーシャルメディアの持つ数値と、実際の乖離がなくなって行くかもしれませんね。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア