新着Pick

YouTuberヒカルらの「VALU」大量売却問題、運営会社「新たなルール作る」

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
780Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
話題になっているヒカル氏等のVALUでの取引について、VALU運営からの対応発表(発表は下記)。
そもそもよく分からないのが、売買注文のキャンセルが発注者自身ができないことなのか?株式市場では一定のルールはもちろんあるが、約定していなければ可能。今回について、当人たちが一気に売り出したことが要因の一つで、残っている売り約定について、そもそも運営が入らずにキャンセルすることというのはできないことなのか?
あと自社株買い的に昨日の高値で買い付けも行っているが、それについてはむしろ昨日損失確定した人に戻せるわけではないはず。
ちなみにTwitterで「自社株買い」と言っている時点でそもそもNGだと思う。VALUは「株」ではないという位置づけゆえに成立しているサービスなのに…細かい点で恐縮だが、そういう位置づけで運営するなら、それは徹底しないとダメな点。

あと、運営の発表については、発生した本件について、当事者たちへの罰則などの言及はない。ルールに規定されていなかったから罰則を科すことができないのかもしれないが…当事者の方たちのVALUのページを見ると、今でも「規約違反に該当している恐れがあります」の赤帯が出ている。

http://helpscout.valu.is./article/111-2017-08-17
ネット界隈では非常に話題になっているVALUの問題。これからこのようなサービスが増えていくことを考えると、今の段階で色々と知っておくのはそんではないと思う。リスクを感じて手を出さないという人もいると思いますが、この事象から学べることは多いと思います。
結果的にどちらも知名度があがりましたね(^-^)
もうビットコインネタは突っ込まん、、。
自己責任で
炎上事案に対して運営会社がコメントしているところに希望を感じさせる。
高値で売出して、安値で買い戻す。
IPOとMBOを繰り返して無限に儲けられる仕組みかな。

まぁ、このサービスがそう長く続くとも思えないので、話題性のあるうちに換金してしまおうという気持ちはなんとなく分かる。
ソーシャルのファンは大切にしないといけないですね。
これが国内株式だったら、インサイダーとか株価操作のイロハのイなんだけど、そもそもルールがない状態でスタートしたことに驚愕です。吉岡さんコメント通り、株式市場のルール丸パクリしてから運営しなければ、こうなることは明らかだったはず。
この方のことをよく知りませんでしたので、これを機に過去配信されたYouTubeを観ました。

どうしても確信犯的に感じてしまうが、ヒカルという方の事後対応は適切なものに感じます。