新着Pick
897Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在の労働法規からすれば、間違いなく正しいことです。
何と言っても、「労基法なんて守ってられない」という企業が多いですから。

問題は、「労基法なんて守ってられない」という現実と、労基法が規定する理想との溝をどのように埋めていくかという点ですね。

個人的な感想を言えば、労基法を全ての企業が守れば倒産する企業が続出するでしょう。
特に、中小中堅企業では。

かといって、労基法を無視していいとは決して言えません。

現状と理想との溝を埋めるには時間と労力がかかります。
ソフトランディングできることを祈るしかありません。
過労死を引き起こした某大手広告代理店が契約社員の大量採用を開始していて、さすがのブランド力で応募が殺到しているのを見ると、ブラック企業リスト入りした会社は「3年間採用活動自粛」とかにすべきだと強く思う。
経験的には、M&Aのデューディリジェンス調査で判明する違法行為としては、会社法上の取締役会議事録作成義務違反と会社法・金商法上の不正会計、労働法上の義務(従業員の定期健康診断、三六協定、諸届け)違反が定番だ。

企業名公表の制裁効果は薄いが、労働法の目的やその行為規範を周知し、被用者の権利保護を促進するためにはよいことだと思う。労働法(労働基準法、労働安全衛生法)の規定を十分承知していない経営者は多い。

違反行為にはもっともな理由もあることが多く、事業運営への切迫性があることがあるが、違反状態を是正できない常習性の高い会社には、より強い制裁措置を課してもよいだろう。
理由は様々ですが、リスト入りすることは企業にとってマイナスしかない。
「宇部市上下水道局(山口県宇部市)が、公営企業として初めてリスト入」
労働法規に反する反社会的な企業を晒すのは必要です。
私たち消費者も、こうした企業をさらし者にして溜飲を下げるだけでなく、ブラック企業となるべく関わらないようにして市場から退場を促すという姿勢も必要でしょう。
厚労省は民間企業だけだなく、霞ヶ関のご自身や他省庁も対象とすべきだ。
ちなみに、女性職員へのアンケートというのがあります。
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/files/teigen3.pdf

残業の多さが目立ちますが、そのソリューションも書いてある。すなわち「国会対応の改善」だと!
もっと周知を徹底すればいいのにね。野党や労働組合はなにやってんだ
いわゆるname and shameというイギリスでは広く使われている行政手法が定着しつつありますね。これが、民間企業だけではなく、あらゆる法人形態について、働き方だけではない部分にも、きちんと広がっていくことが重要であり、かつ、企業に対してもフェアな姿勢ではないでしょうか。
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」といった標語が似合う労働基準法。

労使一体という言葉も素晴らしいですが、やはり経営者と労働者は立場が違うという前提に立つことが始まりなんだと感じます。
厚労省として基準を設けて、ブラック、ブラックじゃないと判断するのは適切な形。
ただし、ブラックであることに魅力を感じて働く人達も一定層いると思う。
より個人の世界が強固になる世界の中でどこまで統一的な尺度が役立つのだろうと思う。
日本という大きな組織の枠組みをどうしていくのかをそろそろ考えないと日本の労働人口がいなくなり、金のないじいちゃんばあちゃんしか残らない場になってしまう。
株式会社エイチ・アイ・エス(英語: H.I.S. Co., Ltd.)は、旅行業法に基づく旅行業者である。 ウィキペディア
時価総額
1,905 億円

業績