新着Pick
238Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
あくまでも私のイメージであることをお断りした上で申し上げると、江頭さんといえばアジるコメントとそれに追従するコメントが散見されるコメント欄に颯爽と現れて専門家としての知見に基づいて地に足の着いた冷静で客観的なコメントをされている印象が強いですね。

こういったコメントの数々はご自身では「建築に携わる人なら誰もが知っている、ごく一般的なこと」とおっしゃっていますが、私のような門外漢にとっては「なるほど、そうだったのか」と目から鱗が落ちることが多く、とても参考になってありがたいものです。

また本稿でおっしゃられているように「他の方のコメントにコメントしないこと」を徹底されているので、この点からも「ブレずに淡々と、安全・安心に配慮したコメント」をされているなと感じます。引き続きよろしくお願いいたします。
世の中の風を迎合することなく、常に専門家としての立場から、冷静に意見を述べられる江頭さんは、ある特定の方向に物事を誘導しがちなメディアの多い今の社会で、NewsPicks の公平性や客観性を体現したピッカーさんのお一人だと常々思います。
記事からも誠実なお人柄が偲ばれますね。
今後もコメントが楽しみです。
建築は誰もが絡むもの。それゆえに安全にかかわる規制も重要ですが、一方で専門知見ゆえにニュースの判断がしにくい。そんなときにほぼ必ずコメントしてくださる江頭さん!!
実務家にとっては当たり前でも、普通の人にとっては当たり前ではないこと。それを解説してくださる実務家のコメントで、理解が進んだりファクトチェックができるのも、Picksの魅力。併せて、江頭さんだけでなく建築系Pickerの皆様の相乗効果もあって、一層理解が進む。本当にいつもありがとうございます。

最後に…そうなんです、昔はタイムラインしかなかったのです!当時の画像がどこかにないか探してみたら…そのころに紹介いただいた記事にスクショがあった!今とはだいぶ違いますね。
http://appllio.com/20131004-4231-app-news-picks
書く内容も玄人好みの渋さがありますが、お写真を拝見するに、容姿もダンディーです!
このような場に書くべきか書かざるべきか逡巡しましたが、コメント欄の空気を乱すことを承知の上で敢えて書きます。

「建築士として背負う「安全への責任」」と語られていらっしゃる方が、ヘルメット着用の現場で上着の前ボタンを外しているのは、建築・建設の世界では問題ないのでしょうか?製造業の生産現場では絶対に許されない危険行為です。写真に写っている江頭さん以外の方が、正しい安全確保の服装をしているので、余計に目立ちます。

記事は全文拝読しましたが、私には写真での服装が、語られていることを総てぶち壊しにしているようにしか感じられませんでした。

追記: 江頭さんの追記を拝読して驚きました。写真の現場は明らかに高所でありヘルメットが必要とされている。作業中いかんにかかわらず私が過去に経験した勤務先・業界(製造業、運輸・物流業)では、社員、関係企業の方、見学者、に関わらず上着の前ボタンは必ず止めることが義務付けられる状況です。建築作業の発注条件にも含まれます。つまりこのような写真が自社で撮られたら、そのような業者は発注停止です。(私が経営していた運送会社なら発注元から出入り禁止になるレベル) そのような場所で、上着の前ボタンを止めないで許されるとは、業界自体の安全に対する意識の違いに愕然とします。
NPへコメントすることの意味として、「自分で調べた知識を、コメントとしてアウトプットすることによって整理したり、記憶に定着させたりすることができる」と「発信する訓練にもなっている」の2点を挙げていらっしゃり、全く同感です。

NPは、読むだけでは、もったいないと思います。
江頭さんのコメントはNewsPicksの至宝だと思います。
自分は隠れ建築好きです!
なので、江頭さんのコメントはいつも楽しみにしています。自分の関心領域であるシェアハウス系のコメントは凄く勉強になります。
一度お会いしてみたい方です。

家がお洒落!!
すごくワクワクする記事でした。
建物の記事では、まず江頭さんのコメントを探してしまいます。いつもとても勉強になっていて、まさにNPのコメントの価値を感じさせていただいています。

そしてカープの記事も…なのに、カープについての解説がない(笑)。いつかカープオフ会もしたいですねー。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア
この連載について
NewsPicksコミュニティチームが企画した記事や運営からのお知らせをお届けします。