新着Pick
124Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
50年前の人は,運転手無しの鉄道(例えば,ゆりかもめ)や自動運転車が走り始めると想像できたでしょうか? そんなものに乗りたいと思った人がどの程度いたでしょうか?
今から30~50年くらいかかるかもしれないが,確実に飛行機はパイロットレスになります.以前,航空会社の人とそのような話をしたとき,「乗客は望まないだろうし,パイロットは何かあったときの会社側の責任者として乗り続ける」と言っていました.なるほど,そうかもしれない.しかし,それは固定観念に凝り固まった見方.研究レベルならば,既存の旅客機も,離陸から着陸まで自動飛行ができる.現在のパイロットの作業はほとんどボタンとスイッチ操作.パイロット自らが操縦することは減っています.もちろん,パイロットレス旅客機に求められるレベルは,当然,要求はその程度ではない.現在,自動飛行が可能なのはノーマルな飛行状態のみ.もし異常事態となると,パイロットは自動飛行を解除して,自らの知識と経験に基づいて操縦を行う.それゆえにかえって事故の可能性が高まるという見方もあるが,AI技術も入れながら,安全自動飛行の研究開発が進むでしょう.
最後は気持ちの問題.まず旅客機よりは貨物機から無人化が始まる.本記事の通り.そうして,実績を積んで人々の不安を和らげていき,人工知能の方が人間パイロットより安全であると認められてから,パイロットレス旅客機の登場となるでしょう.

【追記】パイロットレスへのなり方ですが,遠隔操縦の機能は残るかもしれない.また,CAが操縦資格を持ちながら,通常飛行時は客室にいてコックピットは無人というケースも考えられる.
現時点では、操縦士なしの飛行機には乗る気はしません。
新幹線の運転士は業務規定では前方注意義務はなく、本来乗ってなくてもいいが、「いないとカッコがつかない」から乗せてると聞きました。

新幹線より飛行機の方が天候不順時の対応等あるとは思いますが。パイロットの知人の話では雨で視界が見えない時はオートじゃないと着陸は怖い、とも。

セキュリティーが担保できれば、緊急時遠隔操作オーバーライドで十分かな、と思ってしまいますが。細かな部分は現場じゃないと確かにわからないのかもしれませんが。

追記

弥藤さん

コメントありがとうございます。
私のコメントは「新幹線は自動運転だから運転士はなにもやってない」との誤解を招きかねない書き方だったので、補足して頂いて助かります。
私も全部自動は難しいと思っていて、あるとしても遠隔操作かなという趣旨です。
手術もそうだと思うのですが、「いかなる局面でも、人間よりも上手くできる、ミスが少ない」となって、初めて実現の可能性がある。大事なのは、いかなる局面でも、ということ。それまでは、あくまでも補助。

いずれは、と思いますが、まだまだでしょう。
空軍退役者の再就職先がなくなるじゃないか
貨物機であれば、調査結果は変わっただろうか?
命に関わる事態については、現段階では人間への信頼度のほうが一般論として高く、またそこに対してお金を払っていいと考えているということ。実際に確率としてどうかという議論ではなく、不安にならないほうがいいという部分も付加価値というか費用換算できるという実験、と自分はとらえた。
パイロットレスかどうかと言う目標ではなく、
最も安全な飛行機とは何かが?大切なのである。

メディアや銀行が金や、人気投票で判断する様な
ものでは無い。

実際軍事目的では、既に無人機開発がかなり
進んでいる。

こちらでは、人間が耐えられない様なGを
かけられるし、酸素が薄くても構わないし、
軽くなる。最も全て自動判断と言うよりは
リモートコントロールとの融合ではある。
今は怖いかもですが、そのうち運転手=パイロットはいらなくなりそうですね。
サービスも自動化してしまうのかな?
自動運転の電車があり、自動の自動車が定着したあと、自動の飛行機も登場することだろう。技術的には障害物の多い自動車より簡単そうに思えるが、乗客の心理面に時間がかかろう。導入されるとしたら、経費削減が目的ではなく、人が操縦するより安全ということが明確になったから、ということだろう。
787のオートパイロット・システムは相当に進んでいます。クルーへの負荷軽減という意味だけでも効果が明らかという声もあります。