新着Pick

「英語コンサルタント」という職業

NewsPicks Brand Design
2473Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
マッキンゼーの後輩の岡田祥吾。

毎日3時間を勉強に充てられるようにするためのコンサルティング、常に学び続ける事が重要な、人生100年時代にピッタリですね。英語以外にも成果が出そうです→「目先のゴールは英語力を上げることですが、毎日3時間を勉強に充てられるようになれば、MBAの資格を取ったり、趣味を充実させたり、何だってできるようになります」

私もマッキンゼーに入る前はほぼ何も英語を話せなかった。今もそんなに上手いわけではありませんが、英語が分からなければ自分の仕事の成果が出ないプレッシャーの中で、もっとも英語スキルが伸びたような気がします。言い訳をできない環境を作る事が大事で、伴走するコンサルタントは、その環境にも貢献してくれそうです。
>そもそも、なぜ従来の英会話スクールでは英語が身につかないのでしょうか。

この答えは「英会話学校側の狙いは、上達させることではなく受講させ続けること」だから。

コンサルなんて必要ない。一日3時間3ヶ月間、狂ったように音読ORシャドウイングをすればいい
YouTubeで人気の英語番組「バイリンガール」でこんな回がありました。随分、古い回のものですが、比較的最近に見る機会があり、「なぜ日本人は英語が話せないのか(話すのが苦手なのか)」というテーマでは、今までで一番納得した意見。

https://www.youtube.com/watch?v=gy__2hH5IWY


日本人が目標とするところは、アメリカやイギリスの英語で、そのなかでも一番綺麗な英語。一方で、インド人やシンガポール人は、日常的に英語を使っていて、多少の間違いがあっても、それが話せる、という状況だと理解しているから、とのこと。

つまり、全く話せないとネイティブでも綺麗な英語という両極端の中間にある「十分通じている」、ということを体感することが少ないからだと思います。

この動画の話しをシンガポール人かマレーシア人かにしたら、「そんなのイギリス人でも、クイーンズイングリッシュを話せている人はほとんどいないんだから。」という感想。

こちらの記事や皆さんの意見を読んで思ったのが、いずれにしても、徹底的にどっぷり使う時期が必要なんでしょうね。私も、初めての海外長期滞在がマレーシアで、そこで否が応でも英語とマレーシア語を使う状況になったのは大きいと思います。しかも、相手の英語も、英国留学の綺麗な英語から、単語単語のブロークンに近い人、英語とマレーシア語のミックスで話す人。話しが通じているという実感を持てたことが一番大きかったと感じています。
「その飲み会は本当に必要ですか?」と同じく「その英語は本当に必要ですか?」と問いたい。英語を目的としているうちは英語を本当には必要としていません。英語が本当に必要なのは、英語が手段になるときです。そうなれば「自分を律して努力」みたいな生ぬるいこと言ってる場合ではなくなり、嫌でも早晩英語が身に付きます。グローバル社会が必要としているのは、英語ができる人ではなく、(願わくば英語で)何かができる人です。まず何かを身に付けましょう。
語学はダイエットと一緒です。
毎日、一定の事をすれば必ず
出来るようになるのです。

だから、自分なりの続けられる
方法を見つければ良いのです。

私も自習で英語もドイツ語も
学びましたし、ドイツ語を始めた
のは、48の時でした。
私も英語ができないことに関してはすごーくコンプレックスがあります。で、たまに思い立って英語を勉強しようと思うのですが、そもそも基礎的な英語力がないから何からはじめればいいのかもわからず、結局頓挫。。
今回の「英会話教室行ってもダメだよ」というお話は、まさに私へのメッセージ! 私に足りないのは「本気」と「時間管理能力」だったのだなと、ガーンと頭を殴られた気分です。
2か月TOKKUNで頑張ったら、仕事もデキる人になれそうですね。
私はいまのレベルになって「子供の頃の環境がほぼすべて」と考えるようになりました。北欧で現地のVC・起業家の中に入っていって英語で議論して投資・アドバイスもしています。が、努力では変えられないものがありできる範囲に限界があります。日本から「英語力」という言葉が消滅したとき、日本の英語力はグローバルレベルになっていることでしょう。そのためには放送法などを変える必要があります。勉強している時点で絶対に勝てません。
働いている中で語学学習をするというのは、究極的な必要性に迫られるなどの強いモチベーションがなければなかなか難しいことなので、つい他の優先順位の高いものに時間を使ってしまったり、ダラダラ長期戦で勉強してしまいがち。

そのためにもペースメーカーとなるコンサルティングをつけるというのも有効だろうなあと自身を鑑み思うところ。
個人的にはムダに長く安い英会話スクールに通うよりはこういうサービスのほうが納得感はある。
俺も英語はどこかのタイミングで集中的にやりたいな。
へー。これおもしろそう。ライザップみたいな。
この連載について