新着Pick
112Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
Watsonさん、pick&傍聴メモありがとうございます。

ついに始まりましたね。

「骨格」とは、恐らく2030年のエネルギーミックスの目標の事で、これを見直ししてしまうとパリ協定に向けて提出した「26%減」の目標も見直さないといけないので、より政府に近い立場からは「維持」、現実路線の立場からは「見直し」、ということなのでしょう。

現状8割の電力を担う火力発電の課題についての言及が橘川先生のみというのも由々しき問題ですね。

2050年以降の議論をするには、原発比率だけでなく、核燃料サイクルを長期的にどう扱うかの議論が必然で、その結論次第では来年夏に控える30年ぶりの日米原子力協定見直し(1月までに日本案を提出する予定とされている)に影響します。ここのポイントはエネルギー専門家からすら軽視されているようで、個人的に懸念しています。

30年前の熾烈な議論を経て獲得した現在のポジションは、潜在的な安全保障上のオプションとして導入された面が強かったのが、敵基地攻撃すら議論出来ない現状ではそうした議論は望むべくもありません。

議論のオープン化と、無責任なポピュリズムの狭間のなかで、非常に厳しい舵取りが求められます。(つまり、私が言いたいのは、この手の問題はボトムアップは無理ということ)

今年は日本のエネルギー政策にとって極めて重要な年になりそうです。
エネルギーミックスは、発電だけでなく、送変電インフラもかかわる話。ちなみに大場さんやWatsonさんが言及されている橘川先生は、NewsPicks編集部の下記記事(①)でも登場されている。
詳細は記事を見ていただきたいが『原発は先発、火力が中継ぎ、再エネは抑えのエース』という考え方。現在はもっているものを動かさないより動かしたほうがいいが、それは経営改革を遅め、また使用済み核燃料問題の解決は難しいと考えられている。
また②でWatsonさんがコメントくださっているが、原発についても、やるなら安全性という観点で新設のほうがいいというスタンス。ただ、原発推進という意図のために、天然ガスの議論が封じられがちなことに危惧も呈されている。
個人的には、原発・火力・再エネの、一種宗教の戦いではなく、現実見たリスクリターン踏まえた議論をされている方という印象を持っている。
なお橘川先生は、出光や三菱ケミカルの社外取締役も務められている。
https://newspicks.com/news/1523878/body/
https://newspicks.com/news/1064810
「政府は2030年度の時点で電力全体に占める割合を、原子力発電で「20%から22%」、再生可能エネルギーは「22%から24%」などとしています。」

現状では原発再稼働しても15%。再生可能エネルギーも達せず、火力発電で補完する見通しで、原発の新設をしたいところだが、「もんじゅ」の廃炉が決定し、使用済み核燃料の処理が見通せない状況での新設は、国民の理解を得ることは難しいと思う。

世界第3位の地熱資源量を有してる日本は、地熱発電所の新設を進めるべきところ、温泉の枯渇は国有林の保護などで進んでない。進んでないのではなく、積極的に進めてないと言った方が良いと思う。

八方塞がりの状況で情報を公開しつつ「時を待つ」のでしょう。。。
「原発ありき」の見直しをやりたいのでしょうけど、原発をエネルギー政策の中心に据えたいなら、国民投票で私たちの意見を聞くか、国民投票の代わりになるものとして、衆議院の解散をして、かつ各党がエネルギー政策についての公約を示して総選挙をしてください❗️
私は悪徳商法まがいの某アイドルグループの総選挙は嫌いですけど、新しい曲を出すたびに総選挙でファンの意見を反映させようとするところは日本の政治家よりマシだと感じます。もしエネルギー総選挙を実施すればおそらく不人気が明らかになるであろう原発を無理やりセンターポジションに据えるための審議会なんてやめてください‼️
あと、地球温暖化防止っていうのは原発を動かすために考えられたいわゆる「屁理屈」だとまず認めてください。温暖化も止められるのなら止めたいとは思いますけど、核利用をまず止めましょう。
この際、水素戦略についても、燃料電池車の普及ペースの現状、さらには中国の水素戦略の進捗を踏まえて「書き換えて」頂きたいと、強く思います。
エネルギー問題は国土の狭い日本にとって死活問題。
原発のフル稼働でも届かない目標を達成するには、再生エネルギーの発展と普及が必須。

太陽光発電はさらに導入補助を行いつつ、いずれは義務にするレベルの改革が必要だと思います。(少なくとも日照時間が長い地域は)

天然ガス火力発電は中継ぎです。

また、風力と地熱は設置に手間と時間がかかるとの事ですが、こう言う事を国主導でやっていただきたい。
場所の関係でどうしても比率が低くなるのはどうしようもないですが、洋上風力発電(ただし送電が問題)や、超臨界地熱発電(検証段階)もありますし。

以下太陽光発電について。
太陽光発電の効率はモジュール変換効率(パネル自体の効率)20%で世界最高レベルです。
(セル約70枚で1パネルです。パネル単位よりも、セル単位の変換効率のほうが高くなります。)

ちなみに原発は30〜35%、火力は40〜60%と聞きますから、かなり悪いと言うわけではなさそうです。

デメリットも以下のようにありますが、太陽光パネルの導入は悪くはないと思います。
・発電量が天候、温度に影響される
・メンテナンスが必要(変換器が10〜15年に一回)
・国の助成が無くなれば普及しない(笑)